株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日

大家さんのお悩み相談

お部屋の空室対策は大家さんにとって悩みの種

マンションやアパートなどの賃貸不動産を経営している大家さんにとって、大きな悩みの種は空室率です。
全ての部屋に入居者が入っているときは稼働率が高く、それに伴って家賃収入も高くなります。しかし、空室率が高いと、家賃収入を生み出さないのに、部屋のメンテナンスにお金がかかるばかりか、税金もしっかりと取られてしまうといった二重苦になってしまい、せっかく所有している賃貸不動産が何の役にも立ちません。特に築年が古いアパート、マンションの入居募集はかなり厳しい状況にあるようです。
そのため、全ての大家さんにとって、いかに空室率を低くするかというのは常に最も大きなテーマなのです。
このような状態にならないために何をどうすればいいのか。
築30年を超え、老朽化が進んだ賃貸物件の空室増加に頭を抱える大家さんは多いです。けれど「建て替え」は大きなリスクを伴う選択、費用をかけて建て替えても、その後必ずしも入居者が集まるとは限らないからです。そのため今、「リフォーム」や「リノベーション」に注目が集まっている。

リノベーションというのは、この空室率を低くするための手法として考案されました。考え方はとてもシンプルで、古くなって見栄えが悪くなった建物や部屋などを美しく改修し、再び新築物件のようにすることで集客力をアップするというものです。入居者も人間なので、同じような条件ならキレイな物件を選ぶのは当然のことで、大家さんは所有物件に競争力を持たせることができるのです。

古くなってしまったマンションのリノベーション

マンションやアパートなどお持ちの物件の築年数が経ち、新しい入居者を入れるたびに、修理をしている大家さんは多いと思います。

  • 和室は人気がないから、畳をフローリング・クッションフロアに変更した。
  • 風呂釜が古くなったので、給湯器を交換。
  • 壁が汚れたから、壁にペンキを塗る。
  • ハウスクリーニングしたけど仕上がりが悪く、再度別の業者に依頼した。

余り大きくはできないけれど、勧められるままにこんなリフォームをされる方は多いと思います。余りお金はかけないように最小限直したつもりなのに、意外にかかってしまった。
でも、入居者が入るとクレームが切れないために度々修理をしなければならないため、結局、高いものについてしまった。いっそのこと、リノベーションした方がよかったかな、なんてケースもあります。

年数が経てば設備も時代遅れになりますし、外壁や屋根、玄関、ホール、階段、廊下など、入居者が案内されて見たイメージは悪くなります。マンションやアパートの外観も10年を過ぎた頃からリフォームを検討しなければなりません。空室率の低減を含めて、安定した賃貸住宅経営もコレに掛かっているわけです。

賃貸住宅のリフォームを行う上では「いかにコストを掛けずに入居促進を図るか」ということが重要です。コストを掛けてリフォームしたのに、入居率が改善しないでは本末転倒になってしまいます。
もちろん、ご予算やご条件にもよります。
リノベーションを行いたいが、そこまでできない、という場合もご一緒に考えてみませんか。
あすかハウジングでは、空室にお悩みの大家さんに最適なプランをご提案し、賃貸経営を全力でサポートいたします。

arrow_upward