株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年07月04日
ブログ

今までの不動産会社に不満。不動産会社を変えたいという貸主さん

先日駐車場の貸主Aさんからお電話を頂きました。

長い間お付き合い頂いている貸主さんです。

Aさんがお願いしている税理士さんから不動産会社を紹介してほしいと言われた。

だからお宅を紹介しておいた、というお話でした。

その後直接税理士さんからお電話を頂きました。

税理士さんのお客様で賃貸物件を所有しているBさんから不動産会社を探してほしいと頼まれたのです。そこで、やはりお客様であるAさんに紹介を頼んだとの事でした。

Bさんは、賃貸物件をずっと持っていたので依頼している不動産会社さんが当然ありました。

なのになぜ他の不動産会社を探したのか疑問に思いました。

借主が家賃を滞納し破産。お店は片付けもできません。

その税理さんのお話は次のようでした。

Bさんはもともと、この近隣で商売をされていました。ですがずいぶん前にお店をたたまれました。そして、そのお店を賃貸に出したのです。

ところが、そのお店を借りた店子さんは半年も家賃を滞納、挙句の果てに夜逃げしてしまったのです。

夜逃げした店子さんは破産をしてしまい、破産管財人が間に入ってしまったのです。

貸していたお店は決着がつくまで何もできなくなってしまったのです。

そんな状態になったのは、もともと頼んでいた不動産会社が悪いわけではないとも言えます。また、税理士さんも詳しい状況を知っている訳ではないようですので、その夜逃げに至るまでの交渉経緯はわかりません。

当社の経験からみても、なかなか借主と連絡が取れなかったりしたのではないかとも思います。破産するのであれば当然家賃を払う余裕もなかった筈です。

ただ、その借主の契約にあたって支払能力のある連帯保証人、或いは保証会社などを入れていなかったのか、などは気になる点はあります。

当然不動産会社は、そんな点は抑えていたのではないかとは思いますが。

大家さんBさんにとっても大変迷惑な話ではありますが、不動産会社も大変なのかなと同情するところもあります。

その店舗の事だけでBさんが不動産会社に腹をたてて、他の不動産会社にしようと思ったのではないようでした。

 

売買の話よりも、まず小さな店舗の問題を片付けてほしい!

実は、Bさんは他にも不動産をいくつか所有しているそうです。

駐車場もありました。そして、その駐車場を売ってくれという話がきました。

直接Bさんに話がきたそうですが、その不動産会社が間にはいって結果として話が壊れてしまったのです。

土地の売買の話に勝手に首をつっこみ話を壊した。

それよりも貸店舗の問題を片付けるのが先だろう、と言ったそうです。

それで、その不動産会社に信頼がなくなり、これ以降は頼みたくないとなったのです。

もちろん、他にも色々と行き違いはあったかもしれません。

私も、そんなちょっと辛い経験も何度かしています。

誤解であれば、出来れば話し合いをされた方が良いのではないかな、とも思ったりします。

ただ、当社のお客様Aさんが、税理士さんに

とても細かいところまで、きちんと一生懸命やってくれる会社だよ、

とご紹介して頂いたとお聞きしました。

それは、本当にうれしい言葉でした。

Bさんとのお話は、まだどうなるかわかりません。

でも、今まで以上に一生懸命やって行くだけですね。

 

arrow_upward