株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2017年12月19日
ひばりが丘地域情報

ひばりが丘駅の乗降客は 約7万人


先日店舗を探しに見えたお客様から、ひばりが丘は乗降客が多いのですか。

南口と北口では、どちらが多いのですか?

と質問されました。

まず乗降客。西武池袋線では もちろん突出して池袋駅。何路線も入っている都内有数のターミナル駅ですから、48万4千人。

次は練馬駅。こちらも、大江戸線や豊島線との乗り継ぎもあり 12万7千人。

その次が大泉学園、次に石神井公園、そして何と次は秋津駅。

そして、ひばりが丘駅となります。ここ5年間の乗降客数は微増と言う感じですね。

 

 

北口と南口の乗降客は、ほぼ同じ


そして、北口と南口はどちらが多いの?と言うご質問

これは、ほぼ同じくらいです。

北口は、徒歩圏内の乗降客はもちろんですが、新座方面からのバスでのお客様が1割程度になります。

これは、西武池袋線の北側には競合する路線が少なく、新座市、志木方面からバスを利用され、池袋線に乗られるのです。

ちなみに、池袋線では秋より先になると、大分乗降客が減るようです。

北口は、バスターミナルが駅から5分のところにあり、大変わかりにくかったのですが現在施工中の開発が進めば、駅までバスが乗り入れ便利になってくると思います。

 

arrow_upward