株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年05月13日
ブログ

以前のオーナーが手を入れなかったお部屋。新しいオーナーに代わってどう変わるのでしょうか。

昨年末からフルリノベーションを行ったお部屋。一応分譲なので、区分所有、所有者が部屋毎に異なります。
このお部屋はオーナーが代わりました。
その時点で前オーナーの時からの入居者がいました。
契約時のお部屋の状況や契約内容は正直言って余りわかりませんでした。
ただ、前オーナーは殆どお部屋の維持管理はしていなかったようでした。

新しいオーナーが購入することが決まった時も、その部屋の階下にひどい水漏れ事故が起きました。
下の階は、リノベーションを行ったばかりで、大変きれいなお部屋でした。
そこに、廊下から洗面所まで水浸しになるような水漏れ事故が起きたのです。
ところが、前オーナーは修理する費用を出せない。でも、水漏れは直さなくてはなりません。
結局、下の階のオーナーが修理することにしました。
修理の為部屋に入室すると、洗面所の水栓から水が溢れ続け、廊下はプールのように水浸しとなっていました。
部屋には禁止されているペット、(猫とウサギ)もいて土足で生活しているほどでした。
新しいオーナーは、このお部屋を早めにきれいにしたいと思っていました。

大変汚かったお部屋。入居者退居でリノベーションする事になりました。

そんな状態の中、入居者が退居しました。
そこで、ここまでひどい状態なのだからとオーナーはフルリノベーションすることにしました。
2LDKの50平米もあるお部屋です。広さは十分です。
駅からも4分ほどの距離。
4階建ての最上階で一部屋のみのお部屋です。
なので、部屋の周りにはとても広いルーフバルコニーが広がっていました。
LDKは、薄汚れたクッションフロアで、2部屋は和室6帖と4.5帖。
お風呂はバランス釜というお風呂内に給湯器のついたタイプ。クロスは、タバコやペットで汚れボロボロでした。掃除も余りされたことの無いお部屋やトイレ、お風呂、キッチン。なんとも直しがいのあるお部屋です。
オーナーは電気関係のお仕事なので、建築業者ともかかわりがありました。
そこで、自ら考えたように建築会社と打ち合わせをしながらコツコツと工事を行いました。

オーナーこだわりのリノベーション。随所にこだわりが!

床はすべて剥がして新しくおしゃれなフローリングにします。
もちろん、和室も畳を外しLDKと段差のないフローリングをはりました。
お風呂はバスタブも新しくし、壁には手入れのしやすいパネルを貼りました。
お風呂の床は昔のタイルが貼られていましたが、それは敢えてそのままにし足のついたバスタブを上に置きます。それによってちょっとレトロな雰囲気のあるおしゃれなお風呂場になりました。もちろん、設備は最新式です。
何より、大きなベランダに面した窓のサッシ。築年数によって、少々古いサッシでしたので、機密性や断熱性などにすぐれた新しいサッシに交換しました。
なかなか、リフォームでサッシまで交換するケースは大変少ないのです。

トイレも、キッチンも新しくしました。
クロス貼り替えは当然ですが、白い賃貸用のクロスだけではなく可愛い柄のものを貼りました。
3部屋には全て新しいエアコンも取り付けます。
照明も明るさの調節できる機能のついてもので、出入り口などは人感センサー付の照明を取り付けました。
帰宅した時に、自動的に照明がつくので安心です。
更にこのオーナーはベランダの防水も全て行い、新しくテレビのアンテナまで専用のものをつけました。
ガス栓や、インターネット用のLAN配線。等々。
自分が住みたいお部屋にしたい。何度もその言葉をお聞きしました。
費用ではなく、心をこめたリノベーション。
通常のオーナーでは出来ないほどの出来具合でした。
一度見ていただければ、きっと気に入る!
そんなお部屋が完成しました。

arrow_upward