株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年11月29日
ブログ

国民の権利でもある生活保護受給。その制度を悪用する人

生活保護というもの。
これは、国民の権利で誰でも健康で文化的な最低限度の生活を営む権利がある
ということから、誰でも要件があえば受けられるものの筈です。

病気やケガ、高齢の為働けない、離別死別で収入が無くなった、働いても収入が少ない

など、様々な理由で生活保護を受給される方がいると思います。

これは、本当に困った方には必要な制度です。
受給するのをためらう必要はないでしょう。
でも、それを悪用する人もいるようですね。

賃貸物件が借りにくい。なぜなのでしょうか

最近は、コロナで職を失ったり収入が減った、
という方も増えているようです
今まで、自分には関係ない
と思っていた方であっても、必要になる可能性は
極端に言えばだれにでもあるのではないでしょうか。

生活保護受給しているけれど、
賃貸物件が借りられますか?

という相談もかなり受ける事があります。

賃貸物件を借りようとした場合
まず、市町村によって金額が異なりますが
賃料の上限金額が決められています。

だから、その範囲内でお探しする事になるのです。

でも、大家さんに相談してみると
断られる事も多いのが実情なのです。

生活保護を受給している
という事が悪い訳ではないはずです。
では、なぜなのでしょうか

受給世帯は高齢の単身者を中心に増加しています

受給世帯は、以前と比べて多少増加しているようです。

特に高齢の単身世帯が増えているようです。
働けなくなり、年金も十分でない。
そうなれば、保護を受給する事になると思います。

保護が悪い訳ではないのですが
実は、不正受給している人もいるようなのです。

もちろん、市役所では受給する為には
審査があり、その要件に該当する人は受給できません。
でも、あの手この手で受給しようとする悪質な人が
いる事も確かなようです。




生活保護不正受給のあの手この手

以前、生活保護を受給するから、と受給証(市役所で発行する)
をもって、あるアパートを契約した方がいました。

家賃はきちんと支払っていました。
ところが、いつまで経っても部屋に住んでいる気配がないのです。
荷物も運ばれず、ガス、水道なども使用していません。

大家さんも「おかしいね」と言っていましたが
特に問題を起こすわけでもなく、家賃は遅れる事もない。
少々古いアパートだったので、入居してくれるのは
大家さんにとっては、ありがたい事でした。
だから、そのまま様子をみていました。

ところが、その状況が何と2年位続いたのです。
さすがに、あまりにもおかしいと思っていた矢先
市役所から生活保護の受給停止が言い渡されたのです。

そもそも、生活保護を受給するために、奥さんと偽装離婚?
をして単身者であるという状況にしました。
収入の無い単身者を装ったのです。
でも実際は、奥さんと前の住居に同居していて
住所を作るためにアパートを借りた
という事だったのです。

生活保護受給者・入居後クレーマーになる?

このように、不正受給をするような人。

また、働くことができそうなのに
働きたくないから生活保護を受けている
実際にそんな人を良くみるようになりました。

不正受給でなくても、入居してから
モンスター入居者になる人。
クレーマーとなる人
実際にそのような人にぶつかってしまうと
大家さんとしても、生活保護受給者はトラブルを起こす
と、思ってしまうようです。

全ての人がそうではないのですが、
大家さんは、リスクを出来るだけ避けたいのです。

だから、初めから断ってしまう。
という事になってしまうのでしょう。

当社でも最近ひどいクレーマーと言える人が
増えてくると、やっぱり引き気味になってしまいます。

偏見を持たないように、というスタンスなのですが
不正受給者などを見ていると
ついつい疑ってしまいたくなりますね。




実際にお客様を確認することが必要かも

仲介会社さんから、ご紹介頂いたお客様の場合も
契約時にはせめてお会いするようにはしています。

でも、契約前でも出来るだけご本人にお会いするなど
していかなければならないかな
と考えているところです。

契約前のやり取りでも、少々心配になる方もいます。
正直、そんな感じを受けた方の場合
やはり後々トラブルを起こされる方が多いのです。

生活保護受給、市からの補助を受けている
それが本当に悪い訳ではありません。

でも、本当に問題が無いのか
最近は注意してみる必要があるようです。

arrow_upward