株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年01月29日
ブログ

連日の寒波の影響。あちこちで水道管も破裂してしまいました。


ここ数日、あちこちから電話がはいって大騒ぎです。

給湯器の破裂、水道管の凍結による破裂など。

この1週間くらいは、夜間の温度が氷点下になっています。

その為、家の周りの水道管が破裂し水道が噴出します。

そして、噴出した水が更に凍ってツララ状態となっています。

給湯器や水は生活にかかせないインフラなので、大変困ってしまいます。

 

水は0度になれば凍ります。その防止策も大事


東京では、最近余り水道管が凍ってしまう事は少なくなっていたようですので

こんな冷え込みには、なれていません。

でも、最近の天気予報はかなり正確です。ですから、冷え込みが予想される時には

せめて、蛇口から細く水を出しっぱなしにするなどされておくと良いと思います。

もう少し、上級な対策としては、水道の元栓をしめてしまい、締めてからあちこちの蛇口を開けて水を流して空にしてしまいます。

元栓(止水栓)とは、水道屋さんが検針にくる外の青い蓋がついた箱の中にハンドルがありますが、それの事です。

ただし、それを閉めてしまうと水が出なくなるので、夜間のトイレなどにも不便。

そして、朝には元栓を開けるのを忘れないようにしなければなりません。

凍結した蛇口や、水道管はどうしたら


凍結してしまった、蛇口。こちらは、余り熱くないお湯をかけるか、ドライヤーなどで徐々に暖めて下さい。

待てるのであれば、自然解凍も安全。

熱湯をかけるのは、危険です。

蛇口でなく、外にある水道管が破裂して水が噴出している場合は、まず先ほどの元栓(止水栓)をしめて下さい。その場合、水が使用できなくなるので、出来ればお風呂や流しの桶などに水を先に溜めておくと便利です。

そして、これは水道屋さんに頼むしかないのです。

その場合、市役所などに指定の水道業者さんを教えてもらったほうがよいです。

水道110番的な所は、費用が嵩むケースも多いですから。

ただし、大変業者さんも混んでいますので覚悟しておいた方が、よいかもーーー

arrow_upward