株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年02月02日
ブログ

高齢化社会。 財産の処分は早くから考えておきましょう。


高齢化社会。

持っている財産をどうするか、

もし、相続が発生した時。残された方が困らないよう、元気な内から考えておきたいですね。

そんなに財産がある訳ではないと思っていても、不動産などをどのようにしたら良いか決めておくと、後々のトラブルが避けられます。

財産として不動産は住んでいる家のみ。または、他に土地建物を一つ持っている。

でも、相続するのは、妻子で5人。

良くあるケースです。

 

不動産は、そのまま分ける事が難しいケースが多い 分けられるように考えておきましょう。

住んでいる家しかなく、たとえば長男と同居していた。

または、両親のみでお住まいだった。こんな時、財産を分ける為に売却することが多くなります。

すんなり、まとまればよいのですが、万が一相続人の数が多くなるとまとまらないなります。

なので、出来れば遺言書などで自宅は長男に譲る。などハッキリ決めておく。

或いは、お一人の名義の時点でタイミングをみて不動産を売却する。

そして、分けやすい有価証券や現金にしておく。なども有効な手段です。

所有者の数が多くなると、なかなか処分するのにも困難になります。

また、司法書士などに分割協議書を依頼するのにも、費用がかさみます。

是非、今から方法を考える事をお勧めします。

arrow_upward