株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年02月10日
ブログ

定期借家契約ってどんなもの?


最近、良く耳にする定期借家契約。

普通賃貸借契約と違い、期間を区切ってお貸しする契約です。

3年間、或いは5年間など期間は様々でも、その期間で賃貸契約が一旦終了する事は同じです。

普通賃貸借契約の場合契約期間が切れますと、解約の申出がなければ法律的には自動更新となります。借主が解約しなければ、基本契約は継続していきます。ただし、期間の定めがない形となってしまいます。

一般的には貸主から解約はできません。

ところが、定期借家契約では期間が終われば契約を終了となります。

ただ、再契約可能という定期借家契約もありますが、あくまで再契約であり更新契約ではないのです。

転勤の間、家を貸したい そんな方は定期借家契約を。


せっかく一戸建てやマンションを購入したのに地方に転勤になってしまった。

そんなケースが良くあります。家を購入するのに住宅ローンを使っている。

そのローンは、払わなければならない。

売ってしまうのも難しいし、数年住まないと家が傷むのではないか。

そんな方から、家を貸したいと相談されます。

家賃収入で住宅ローンを払えるし、家を何年も空けずにすむのではないか。

ただ、転勤が終われば元のようにご自分の家に戻りたい。

そんな場合、定期借家契約にしておけば、期限を決めて貸せるので家賃も入るし家に帰る事もできますね。

 

定期借家契約のメリット、デメリット


定期借家にした場合、貸す側だけではなく借り手側にとってはどうなんでしょう。

持ち家は、ある程度の規模のものが多くなります。

貸家を探している方、ファミリータイプのマンションに入りたい方。

たとえ借りるのであっても貸家や分譲マンションに住む方は、できれば長く住みたい、と言う方が多いようです。

建物も賃貸向けのものよりしっかりしていたり、分譲マンションはセキュリティーや設備も充実しているなど人気の理由の一つです。

また、賃料もそれなりであれば借りるときの、契約金も馬鹿になりません。

契約期間が終わると、また次に住むところを探さなくてはならないので、手間もお金もかかります。何よりちょっと面倒ですね。

そこで、双方の立場を考えて、家賃は相場から考えると少々安い。

賃貸期間は、最低5年位にする。

など借りやすい条件を出す事も必要です。

ただ、長めの期間を設定した場合途中で転勤が終わり、帰ってくるときに住む家が無いなどのリスクもあります。

収入も入ってきますが、そのリスクとの兼ね合いを考える必要があります。

また、借りてもらうためには、それなりにメンテナンスをする必要もあります。

更に借り手によっては、きれいに使ってくれるとは限らないのです。

なので、貸す側、借りる側その条件を良く考えてくださいね。

 

arrow_upward