株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年02月18日
ブログ

気に入ったお部屋に申込をしたい! さあ、入居申込書に何を書くのでしょう


新卒、新入学など春は新しい住まいを探すピーク。

色々ネットで物件を探し、実際にお部屋を見て歩く。

ちょっとワクワク、でもあり現実の壁に突き当たる事もあると思います。

それでも、何とか気に入ったお部屋が見つかりました。

さあ、そんな時お申し込みをするのですが、何をしたらいいのかわかりませんね。

まず、申込書に記入して下さい、と言われて必要事項が記入できない方が多いのが現実です。

申込書に記入する際には、どんな事がわかっていればいいのでしょうか。

申込書に記入する内容・ 申込者本人


申込人の内容 一般的にはお部屋を借りる方になります。

  イレギュラーなケースもたまにありますが、それは別の機会にご説明します。

 ●お仕事をされている方 

  お名前、生年月日、現在の住所、連絡先(電話番号・携帯でも可)

  その他には、勤務先名、お仕事の業種、雇用形態(正社員、派遣など)

  勤務先については、住所や電話番号も必要です。

  そして、勤続年数もチェック。

  大事なポイントの一つに年収もあります。

  ご自分が、いくらもらっているのか。税金がひかれる前の金額なので

  給与明細や源泉徴収票の総収入を見ておくとよいです。

  自営業の方でも年間いくらの収入か、月々いくら平均的に収入があるかは

  把握しておいてください。

連帯保証人 或いは保証会社との契約が必要になります

保証会社

連帯保証人の代わりに、保証会社が貸主へ賃料などを保証する契約をします。

最近は、連帯保証人不要という文が記載してあるものは、100%保証会社を使用してもらうというものです。

保証会社へ入居審査書類を提出し、審査が行われます。

入居審査は、入居申込書に記載する内容とほぼ同じです。

申込書に記載する内容を準備しておけば、概ね事足ります。

審査に際しては、一般的には免許証等の身分証明書の提出が必要になります。

保証会社を使用するので連帯保証人は不要かと言えば

保証会社に対して保証人をたてるよう要求されるケースもあるので

要注意です。

連帯保証人 どんな人がなれるのですか。 また、保証人の内容を知っておいてください。


連帯保証人とは、文字通り契約者と同様に貸主に対し賃料等の債務を保証します。

万が一、契約者が賃料を支払わなかったり、お部屋や設備を壊したのに費用を支払わないなどがあった場合。

契約者に対して請求しても駄目な場合は、同じように保証人に請求されます。

その為、友人、知人などは基本的にNGです。

親族で、支払能力のある方。すなわち、現役でまだ働いているような方が望ましいのです。また、ご両親と言えでも高齢の方は難しいと思います。

なので、連帯保証人を引き受けてもらえる方も、考えておいてください。

そして連帯保証人記載内容

   氏名・生年月日・年齢

   現住所・電話番号

   勤務先 会社名・所在地、電話番号

   勤続年数・所属役職・年収

全部必要でない事もありますが、これだけ把握しておけばベストです。

 

 

申込書を提出したら そこから審査です。


まず、上記の内容を記載した入居申込書を提出

  本人の内容

  保証会社の審査、或いは連帯保証人の記入

が全て、できましたら契約者の身分証明書の提出も求められます。

運転免許証・パスポート・健康保険証などを用意しておいてください。

わからない所や、必要書類が不足していると審査がストップします。

気に入った物件は、早めに押さえたいもの。

スムーズな入居申込が出来るよう、準備しておくと楽ですよ。 

arrow_upward