株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年04月20日
ブログ

錆びて傷んだ外階段。 このままでは建物にもひびきます。


建物も大分年数が経ち、外階段の錆びなどがひどく目立ってきました。

鉄部は、錆びて腐食してしまうと危険です。

おまけに入居者からすると見栄えも悪くて嫌なものです。

20年以上経過してくると、建物は内外装、設備などあちこちに傷みが出てきます。

きちんと、メンテナンスしてあげると建物は、愛情にこたえて長持ちします。

このマンションも、部屋の内部はリフォームを進めてきていますが、外階段の錆びがひどく、見た目も大変悪くなっていました。

外壁塗装と一緒にするのがベストですが、予算とタイミングを考えて今回は鉄部と廊下の補修工事を行う事になりました。

階段は塗装だけでなく、細かい補修も行いました


階段手摺の錆び落とし、塗装はもちろん。

鉄部に長年の使用で隙間が出来たところも補修。

踏み板(階段の踏む面)だけの階段には、蹴込み板という踏み板と踏み板の間の垂直の板も全て取り付けます。

これによって、階段踏み板面から雨などが裏下へ落ちなくなります。

更に踏み板の面にはシートも貼り、滑りにくいと同時に耐久性も出てきました。

もともと、足場を組む工事を後日にする為に階段部工事のみとしたのですが、

階段に簡易足場組み丁寧に工事をしていきます。

工事開始 簡易足場を組んで


寒い時期。工事業者も一番と言ってもいいほど、忙しい時期にあたりました。

でも、ちょっと遠い場所からきてくれている業者さんですが、朝早くから現場にきてくれていました。

細かい部分まで、職人さんが座り込むようにして丁寧に隙間を埋め、錆を落とし、塗装していく、と言う作業が続きました。

 

工事完了 きれいになった廊下や階段。 錆びもなく雨にも心配なし。

廊下の防水もヒビは埋め、立ち上がり部分も防水塗料を塗布。

その上でやはり、滑り止めとなるシートを貼りました。


雪が降ったりと、悪天候もありましたが、少々時間はかかりました。

でも、見違えるほどきれいになりました。

これだけでも、建物の格があがったようです。

 

arrow_upward