株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年11月10日
ブログ

大家さんデビューしました。


相続がらみで売却された築20年のアパートです。

今年に入ってから新しいオーナーになりました。

オーナーさんも相続がらみで入った資産でアパートを購入する事にされました。

投資用のアパートをいくつも持っているようなオーナーとは違い、初めてアパートを所有されることになったのです。

初めての事で、不安もあるのが当然と思います。

アパートの売却時は相続の問題があった為弁護士さんが中に入っていて、新しいオーナーさんは当社と関係のない会社から購入されました。

その為当初そのアパートは当社の管理から外れていました。

ところが、その新しいオーナーさんが突然来社されたのです。

一度解約になった管理契約。再度委託される事に。

オーナーさんは、管理をやって欲しい、と言って下さいました。

こちらも、あのアパートとは新築時からのお付き合い。前オーナーは、アパートを見に来ることすら無いような状態でしたが、当社は建物の補修から入退居状況から全て見てきました。ある意味、オーナー以上に建物を見てきています。

なので、正直少々思いいれすらありました。ですから、オーナーさんも良い方でもありお断りする理由なんてありません。喜んで管理をお引き受けいたしました。

 

大家さんには、出来るだけのサポートを!


購入された時点では、アパートは満室でした。

室内をご覧になれないオーナーさんに当社で今まで撮っていた室内写真をお見せしたり

今までのアパートの状況などもご説明させて頂きました。

その後お一人退去者が出たので、早速オーナーさんはお部屋を見に行くことが出来ました。退去された方は思ったよりきれいに使っていて下さったので、一安心。

そこから、アパートの原状回復など大家業が始まりました。

もちろん、出来るだけのサポートを続けて行こうと思います。

arrow_upward