株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2017年09月22日
ブログ

木造2階建て良くある古いアパートでしたが


オーナー様は、亡くなられたお父様からこのアパートを引き継がれました。

2Kの4戸という物件でしたが、2階は前の入居者が出てから8年も空いていました。

1階は2部屋入居していましたが、1部屋も入居者が病気で退去し1部屋のみとなっていました。

正直、全く手付かずの古いお風呂や、畳の和室、木の雨戸のまま。裏の畑からの土埃で靴を脱いであがれないほどでした。

改装前のアパート。募集しても借り手がいない?

このアパートどうしますか?


こんな状態でしたが、このアパートはどうしたら良いか。

そのために、三つの選択肢がありました。

1.売却してしまう。

2.取り壊して建て直す。

3.直して使用する。

オーナー様のご希望としては、まずお父様から残されたアパートは売りたくない。

まず、そこからお話は始まりました。

○建て直し

建物の状態は、あまり良いとは言えないため建て直したいとまず言われました。

見積を取ってみると、まず解体から始まり整地、新築となり費用的には大分かかってしまうことがわかりました。お考えのご予算をはるかにオーバー。

そこで

○リフォーム、リノベーションで対応しては。

消去法でいけば、そこに行き着きました。

 

いざ、リノベーションへ


まず、外壁塗装、屋根葺き替え、2階廊下の洗濯機置場撤去、駐車場の整備と外側もきちんとやりかえます。

せっかく内部をきれいにしても、雨漏りしたり錆びていたりではガッカリです。

そして、2Kのお部屋は水周りは最新の追炊き付システムバス、トイレ、シャンプードレッサー、室内洗濯機置場、クローゼット、キッチンセット交換など設備も一新。

重い木の雨戸は、何と雨戸シャッターに交換しました。

仕切りを取ったお部屋は 何と焼く15帖のワンルームに変身!

リノベーション完成!さあ、募集。 無事、満室に


室内はもちろん外壁、外構のリノベーションも終わりました。

建て直しをしていたら、費用は倍かかっていたところですが、オーナーさんも無駄に費用をかけないよう、ゴミステーションは自分でホームセンターで調達したり、アパート名はご自分で塗装やさんを手配したりと頑張りました。

そして、よみがえったアパートは年末からお正月を挟んだ時期にもかかわらず、12月から2月初めには満室!!

この物件は、築年数も問題でしたが、実は少々駅からも遠く歩くのは大変で、バスが自転車が必要でした。そんな事で、オーナーさんも募集については心配されていました。

賃料も余り相場とかけ離れないよう、礼金も取らないなどご協力頂きました。

入居者も良い方たちに入って頂き、オーナーさんも喜ばれ

嬉しい案件となりました。

arrow_upward