株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2017年10月02日
ブログ

タバコのヤニ汚れの原状回復


先日退去されたお部屋

2年弱で出られたのですが、退去前に解約手続き時にお部屋の状態について

聞き取りをしました。

不具合などは無いか、タバコは吸われていましたか?などなど

すると、タバコは大分吸っておられたご様子。

東京都では賃貸住宅紛争防止条例というものがあります。契約時にその説明をしますが、その中に特約としてタバコのヤニ汚れは経年劣化として認められない旨ご説明しておりました。

まして、入居年数も長くはなかったので、借主様にご負担頂く必要がありました。

実際に退去後にお部屋を確認に行ってみると


残念ながら、ドアを開けた瞬間にタバコの臭い。

そして、入居時は貼り替え済みできれいだったクロスは、2年間の間に天井まですっかり黄ばんでいました。

タバコを吸わない方であれば、これほどの臭いと色になる事はありません。

敷金も余りお預かりしていないので、クロス貼り替え代金は借主様にもご負担頂かなければならないようです。

それでも出来る限り、ご負担が大きくならないよう考え、業者やオーナーさんとお話したいとは思っています。それでも、不足金が出るであろう事をご理解頂くために ご説明いたしました。

タバコを吸わなければよかったな、とポツリと言われました。

出来れば、そうされると良かったですね。

 

 

arrow_upward