株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年01月21日
ブログ

西東京市の家具転倒防止器具取付サービスが利用できるかも

コロナで在宅されている高齢者が増えている昨今。
自宅内にいても、もし地震などがあれば
高齢者には危険な事が多いと思います。

そんな中、西東京市で家具等転倒防止器具取付等サービス
を行っています。

大きな地震の際、家具などの転倒による被害が多い

1995年1月17日に起きた
「阪神大震災」

先日その震災の日から25年が経ちましたが
各地で様々な慰霊が行われました。

阪神大震災で被害を受けられた方には
高齢者・低所得者・外国人 などが多かったとされています。

その多くは家屋の倒壊や家具などの転倒による
圧迫死であったと言われています。

首都圏で直下型地震が起こるかもしれない
とは、以前から言われています。

そんな中で、せめて家具転倒防止を考えるのは
大事な事ですね。

家具転倒により火災などの二次災害も発生する恐れがあります

西東京市では以前から
家具の転倒防止に対し 度々市民への注意を促していました。

その注意内容は

家具転倒による被害
 地震時のけがの約3~5割を占める
 火災  ストーブなどへの家具の転倒収容物(本など)の落下による火災発生
 避難障害 転倒した家具などで窓や出入口がふさがる

などが起こるという物です。

その被害を少なくするための対策として
 ・家具類の転倒防止策を講じる
 ・出入口付近や避難経路に家具を置かない。
  家具の向きを考える

などがあります。

その家具転倒防止の為に
西東京市で転倒防止器具を設置するサービスを
行ってくれています。

サービスは高齢者世帯などに向けて。対象以外の方も日頃から気を付けてください。

転倒防止器具設置サービスを受けられるのは
 
 高齢者世帯  65歳以上の方のみの世帯
 障害者世帯  身体障害者手帳4級以上をお持ちの方のみの世帯

などと限定されます。
タンスと天井の間にボール式器具(突っ張り棒)を設置する。
家具の前方にストッパーを挟み壁際に傾斜させる
など、の器具を設置してくれるそうです。

申請期限は2月19日までです。
このサービスは1世帯につき1度のみとなります。

詳細については
 西東京市高齢者支援課  042-420-2810
までお問合せ下さい。

もし、このサービスを受けられる条件に合致しない場合でも
家具転倒防止などは、心がけておくと良いでしょう。
そのやり方などについては 西東京市消防署
や危機管理室でも相談に乗ってもらえます。

是非 一度考えておいてください。”!


arrow_upward