株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年02月12日
ブログ

賃貸の管理は自分でする!大家さんも色々です。

賃貸物件の仲介をしていると
色々な大家さんにあたります。

管理を受けている物件だけではなく
一般の大家さんとの間でも問題は起きます

賃貸の仲介会社と管理会社は同じではない。

一般的に賃貸物件を借りたお客様は仲介した会社が管理している
と思われる事が多いようです。

ですが、仲介会社と管理会社は同じではありません。
更に、管理は会社に任せず大家さん自らが
管理(?)している物件もあります。

その場合物件の不具合や要望は大家さんに
伝えなければなりません。

本当に自分で管理している大家さんであれば
お客様に対しては、自分で連絡を取り
不具合についてもきちんと対応します。

それが、自分で管理するという事だからです。

でも、意外に管理は自分でする、といいながら
ちゃんと対応しない貸主も多いものです。


賃貸経営にはトラブルがつきもの。

賃貸業というものには、色々なトラブルが発生します。

建物の不具合、設備の故障などの物理的なトラブル

その他、音のクレームやゴミの問題などなど
様々な入居者に関わるクレーム。

それらは管理者が解決しなくてはなりません。

建物や設備などのトラブルは、修繕業者に依頼し
修繕をします。
特に入居者の故意過失による不具合でなければ
貸主が負担して修繕すべきものです。

でも、入居者間のトラブルや
ゴミ問題などは、そう簡単に解決できません。

更には、近隣からの苦情やクレームもあります。

入居者間のトラブルなどは、貸主は関与しない
と契約書に記載してあります。

それでも、入居者は不動産会社に連絡して
「何とかしてくれ!」
と言ってくるものです。
管理をしている、していないに関わらずです。



自分で管理する。という事はトラブルも解決しなければなりません。

物理的な苦情も度が過ぎるようなものも
確かにあります。

でも、殆どは修繕等で解決できます。
もちろん、金銭的な問題にはなりますが。

ゴミ問題や騒音トラブルなどに対しては
地道な対処が必要になります。

自主管理の大家さんであれば
それらも対処しなければなりません。

このようなトラブルは、ストレスにもなりますし
解決の為にはかなりの労力が必要となるのです。

色々な不動産会社に仲介してもらっている貸主は
管理費等を支払っているのでなければ
基本は自分が解決しなくてはなりません。

ですが、多くの貸主は仲介した不動産会社に
「お宅が紹介したお客でしょ!」
と放り投げる事があります。

もし、不動産会社の責任と言えるとすれば
明らかに当初から問題のあるお客様を紹介した。
とか、申込内容に嘘があった
そんな事があれば、それは問題かもしれません。

でも、そうとばかりは言えないようです。

不動産賃貸の管理。その意味を考える必要があります。

仲介した入居者に対して
何十年たっても、責任を取らなければならないのか

と疑問に思う事もあります。

最近は、賃貸経営を業とするような
貸主も増えてきています。

投資目的で購入した賃貸物件に対しては
管理会社と初めから契約をし、管理費を支払う

そうでなければ、管理は貸主がきちんと行う。
修繕もトラブルにも自ら対処する。

と管理という物をよく理解しています。

家賃はもらうけれど、トラブルは仲介した不動産会社に任せる
それが当たり前。管理費などは払う必要がない。

そんな時代遅れの貸主さんも
まだまだ存在しています。

そろそろ、そんな考えは通らないかもしれません。




arrow_upward