株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年04月17日
ブログ

賃貸の大きなトラブルの一つ。騒音問題

賃貸経営する上で
トップスリーに入る悩みともいえる
【騒音問題】

大家さんも入居者の方でも
経験された方いると思います。

特に最近はテレワークも増加
家にいる時間が増えると尚
他の部屋の音や近隣の音で揉めることが
増えてきているようです。


マンションなのに騒音で困る?実は良くあるのです。

賃貸物件の場合
それが木造であれ、鉄骨造であれ
上下階や隣室からの音は
極端に言えば、しない事はないのかもしれません。

テレワークで静かな部屋に住みたい
そう言って、マンションを希望します。

木造や軽量鉄骨造の建物を一般的にはアパートと呼びます。
重量鉄骨や鉄筋コンクリート造の建物は
マンションと呼ぶことが多いのです。

アパートは音が気になるから、マンションが良い

そう言って物件を探します。
希望通り【マンション】に入居

すると、音がしないと思っていたのに
隣室や上階の音がかなり気になる。

そんな問題が今起きています。


木造アパートは確かに音が響きがち。それだけではないかも

一般的に木造のアパートの場合
隣室との間の壁の問題と、上下階の床の問題です。

全てがそうだと言う訳ではありませんが、
隣室との壁は木質パネルや、石膏ボードだけの場合などが
あります。

そうすると、まるで同じ室内にいるかのように
音が聞こええる場合もあります。

でも、これは木造だけに限りません。
RC造の建物だとしても、隣室との間が
コンクリートではなく木質パネルや石膏ボードの事もあります。

そうすると、木造アパートと余り変わりはありません。

逆に最近の木造アパートの中には
壁の中に防音素材を利用しているものも出てきています。

だから、木造アパートだから、
マンションだからだけでは、決めつけられない事もあります。

特に問題になるような騒音ではない。生活音なのにクレーム

そうは言っても、余り気にせずに入居してみたら
隣の音が丸聞こえ。
とか、上階の足音も気になる。

と言うのは、困りもの。

確かに同じ音を聞いても、気にならない人もいます。
逆にそれほどでもないような音でも、
気になって仕方ない、などの個人差もありますが。

そしてこの音の問題は、なかなか解決できない事が多いのです。

例えば、夜遅くまで友達を呼んで騒いでいる
とか、夜中に洗濯する。
大きな音で音楽をかける。

それは、もちろんマナー違反です。
だから、注意する事も辞めさせることもできます。

でも、普通の生活音がうるさい
と言われてしまうと、これはどうしようもありません。



音が気にならないと思って入居したのに。思いのほか音がする

その為、マンションと言われて入居したのに
隣室の音がうるさくて仕方ない

とクレームがありました。
でも、マンションと言っても隣室との壁は
木造アパートと同じ。
コンクリートの壁と言うわけでもなく
木質パネルや石膏ボードが使われているのです。

結局皆さんに、ある程度の注意喚起をしたのですが
逆に入居者から一斉にクレームがくるような
事態になってしまいました。

そして、退去する方が出てきてしまいました。

音は、隣室の壁から直接聞こえてくるだけではなく
窓などの開口部から入ってくることもあります。

隣の音だと思っていたら、隣の音ではなかった
という事も実際にあります。

でも、仕方がない
とあきらめているだけでは仕方がないです。

騒音問題への対処。隣室との間に遮音工事を施行しています。

入居者の方もある程度工夫ができる事もあります。

また、間取りを選ぶ時に隣との間にお互いに収納がある。
とか階段がある。などの工夫も有効です。

収納が無くても、自分の部屋の壁際に収納家具を置いてみる
のもいいかもしれません。

また、それが出来なくても
遮音シートのような剥がせるものを貼るのもよいかもしれません。
ただ、貸主に断っておくのが良いでしょう。

今、隣室との音で問題が起きた物件で
遮音工事を施行しています。

隣室との壁に防音材を貼りその上に壁を作り直します。

これで音の問題が全て解決するとは限りません。

でも、どれほど効果がでるか
しばらく様子を見ていくことにしています。

また、結果がわかればご報告していきたいと思っています。

arrow_upward