株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年04月30日
ブログ

雨漏り、水漏れ頭の痛いトラブルです

度々上階からの雨漏りに悩まされるお部屋

雨漏りや水漏れは本当に困る問題です。

基本的にその部屋の入居者に責任が無い事が殆ど

家財が水濡れで被害にあったり、部屋の中に湿気がこもったり
嫌なものです。


様々な水漏れの原因があります。

上階からの水漏れの原因は
結構不注意によるものもあります。

洗濯機の排水口がちゃんとつながっていなかった。
とか、ウオシュレットが出しっぱなしになっていた
という事もあります。

上階の入居者が悪いのではなく、上階の排水管から
下の階へ漏ってくる。
とか、設備の不備によるものもあります。

また、雨漏りが原因という事もあります。
様々なケースが考えられます

いずれにしても、下の階に住む方が被害を受けます。

そんな時被害を受けた皆さんはどうしますか?

水漏れの被害を受けた時の対処法

まず、被害を受けた事を
管理している会社があれば、そこに連絡。
管理会社がない場合は、大家さんに連絡しますね。

ただ、その水漏れが起こるのが昼間とは限りません。

もし、対処に時間がかかると思われる場合。
当然、家財(特に家電)などは場所を移動するでしょう。

更に、タオルを敷くとか、ひどい場合にはバケツを
置くなどもするでしょう。

もし、とらぶるサポートなど契約時に加入している場合は
24時間365日受け付けているので
まず連絡をすることも有効です。

ただし、いずれの場合も被害の様子は写真などに
撮っておいてください。

それと、上の階の水回りから漏ってきている場合
上の階の床、下の階の天井に溜まった水が垂れてきます。
その時、照明器具を伝って落ちてくることが多いのです。
危険なので、その箇所の電気は消して下さい

被害を受けた家財は家財保険で補償できるかも

写真を撮る。
家財を移動する。

照明を消す(漏電による火災の防止)

トラブルサポートに連絡する

などを取り急ぎ行ったら
連絡が取れる時に大家さんなどに伝えましょう。

もし、このような被害を受けることがあった場合
家財保険を利用できると思います。

大事な家財が駄目になった。
とか洋服が水浸しになった。
など、入居時に加入している家財保険が使えます。
余りにも少額であったり、不注意による被害の場合は
使えないこともあるかもしれませんが。

最近の賃貸借契約では、契約時に殆ど家財保険に
加入していると思います。
その被害届に、被害状況や写真などが
必要になるのです。

また、夜中で大家さんに連絡が取れない時も
事故センターなどに相談できることがあります。

折角家財保険に加入しているので
困った時には利用してみるのが
良いと思います。

arrow_upward