株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年01月08日
ブログ

年も明けてお部屋探しも始まります。


年も明けて成人式があり、またすぐ3連休となりました。

今日は朝から振袖姿の新成人をチラホラ見かけます。

心新たに、成人としての日を迎える皆さんを応援したいと思います。

そんな連休ですが、早くも物件探しが始まっています。

例年1月、2月、3月と負動産の動く時期と言われています。

これは、卒業、入学、就職などの時期にもあたりその為の移動の時期だからですね。

ただし、最近は昔ほど極端に短期間に集中している事は無いようです。それでも

人が動く時期である事は、確かです。

皆さんが見てみたいと思う物件は、やはり多くの反響が集まります。

 

物件を決めるタイミングにご注意下さい。


今、物件を探される方。

入居は、4月の予定とか3月です。と言う方は少々注意が必要です。

なぜなら、賃貸の場合ですと直ぐ入居できる状態の物件は2ヶ月近く待ってもらう事は難しいのです。一般的には、入居申込をしてから2週間位で借りて頂く(契約期間になる)と言われています。特に人気のある物件など、長時間押さえる事は難しいのです。

それは、この時期お探しの方も増えているのに、2ヶ月間も大家さんには賃料も入らない。その間に申込をされた方が、もっといい物件があったからとぎりぎりにキャンセル。他のお客様もお断りしていたのに、結局物件が空いてしまう。

こんな状況は、大家さんにとっても不動産会社にとっても大変困る状況です。

なので、いつ申し込みをし、賃料がいつ発生するかは考える必要があります。

いつから借りますか?


①.気に入った物件が見つかったら、先に契約をする。

   賃料発生期間は、早くても先に借りて1ヶ月くらいの賃料は支払ってしまう。

   後で後悔するのなら早く借りても良い。そんな覚悟をもつ方もいます。

   ただし、契約を先行するので少しでも賃料発生を伸ばして欲しいとか、

   フリーレントがあるかなど、頑張ってみる。

2.ある程度物件を探して、大体の相場や実情をつかんでおく。

   その上で、借りる時期になって申し込みをする。

   ただし、これは物件との出会いに少しリスクがあります。

3・賃料発生日を待ってもらえる物件を探す

   学生向けのアパートなどに、3月末まで待ってもらえるお部屋もあります。

今回は、借りる期間について簡単に説明しましたので、ご参考に!

 

arrow_upward