株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年01月14日
ブログ

木造アパート 上下階の騒音問題に悩む

永遠の課題とも言えるゴミと騒音問題。

これは、一軒家に住んでいる方でも相変わらず頭を悩ませている方も多いようですね。

それが、築年数がそこそこ経っている木造のアパートであれば相変わらず騒音の問題に悩まされます。

そんな中で現在も階下からの苦情に悩んでいる方からの訴えがあります。

2階に住む高齢の女性。下の階の方が怖い!

苦情に悩まされているのは、そのアパートにもう既に20年近くも住んでいる高齢の女性です。当然20年近く住んでいるのですから、アパートもそれ相応に年を重ねています。

年を重ねる内に目が悪くなられましたが、住み慣れたお部屋なので暮らせるのです。

それに、長い間他の住人ともめるような事も無く、逆に仲良くしていきたいと思っている気のいいおばあ様なのです。

ところが、2年前に入った1階の入居者から毎日のように嫌がらせを受けるようになりました。天井を叩かれたり、下から怒鳴り声が聞こえたり。

一人暮らしのおばあ様のところには、ご近所の娘さんやお友達が心配して面倒を見に来てくれています。その方たちからも、下の入居者がひどく文句を言うので怖がっていてかわいそうだ、との電話も何度も入ってきます。

お話をお伺いしても、昼間に洗濯をしたり、掃除をしたり、特に大騒ぎをするのでもなく、普通の生活を今まで通りにされているようです。

とにかく、階下の方の言い分も聞こうとお電話してみました。

下の階の方の言い分。被害者はこちらです!

1階の方に対し床をひどく叩き続けたり、どなったりしているそうですがーーー

とやんわりお話してみました。すると、当然「被害者はこっちです!」とどなり返されました。2階では、夜間に大騒ぎをしたり、飛んだりはねたりしている訳ではないそうですよ。と説明しようと、大きな音をたてて歩いている、とか一人暮らしではない、とか扉を大きな音で開け閉めしている。わざとしている、と言わんばかり。

話にならないのですが、音の感じ方は個人差もあります。ですから、

「お互いに顔を合わせて話をしたらどうですか。2階の方は、できれば仲良くして気になる時は、言ってもらえれば気をつけたいと言っていますよ。」

とお話をしましたが全く駄目です。

木造の古いアパート。それほど音が気になって我慢できないのであれば、引っ越す事の出来ない2階の高齢の方ではなく、1階に入った方が音の響かないようなところに引っ越すしか、解決策はありません。

何度か、お互いの我慢をお願いしても駄目なので、お引越をされるか同じアパートの2階に空室が出たのでそちらに移られてはと 提案もしてみました。

ところが、全く返答無し。電話をしても忙しいと切られます。

2階の方は、気を使いすぎてノイローゼのようになっています。

そこで、1階の方はそろそろ2年間の契約期間も切れるタイミングの為、退居のお願いをしました。

階下で上の階の音がするのは、正直仕方がありません。

でも、異常に気にしすぎるのであれば、音の漏れないお部屋に住むしかないと思います。

arrow_upward