株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年05月21日
ブログ

老朽化したアパート。これからどうしますか?

老朽化したアパート。
建物を保っていくのが、大変になってきます。
建物にもよりますが
防水塗装や補修工事ぐらいで対応できるものでれば
何とかなります。

でも、かなり昔の建造で外壁も板のまま。
屋根も葺きなおしたことがないようなもの。

もし、そのまま利用する為に補修工事を行ったとしても
簡単なことではない。

そこまで行ってしまうと、もう建て直したほうが良いかもしれない、という話になります。

建物もオーナーも高齢化。維持費用もかかるし、面倒な問題が多くなる

建物を大幅に改築するなんて、入居者がいればそれも困難です。

古い建物の場合、オーナーが代替わりしているのでなければ、オーナー様も高齢になっている事が良くあります。

建物は古くなり補修費用も馬鹿にならない。
古くなってきたから家賃も段々下がってきて収入も減ってくる。
オーナーも高齢になり、面倒な維持が難しくなってきた。

これが、古くなってきたアパートなどに起こりがちな問題です。

そんな時、どうするか。その対処に悩むところです。



老朽化したアパートの対処方法。売却?建て直し?

対処方法は色々ありますが、こんな方法が一般的です。

① そのままの状態で売却する。
② 土地として売却する。
③ 建物ごと大規模修繕(リフォーム)をする。
④ 建て直しをする。

それぞれに メリット、デメリットがあります。

老朽化しているアパートに入居者がいる場合、どんなケースであっても、それを無視できないのです。

入居者がいる場合、建物の老朽化が不安。
「建物に何かあったとしたら入居者に迷惑がかかる」
という心配も出てきます。
事故が起きたりすれば、大きな問題になってしまいます。

でも、直そうとしても住んでいる人がいれば、大規模な補修工事や改修工事もままなりません。

立ち退き問題が出てくるのも大変。

住んでいる人の立場からすれば、立退きするのも難しい事があります。





そのまま売却!売却価格が心配です。

老朽化した賃貸住宅への対処方法。
当然オーナーさん個々の事情や考え方で、選ぶ方法も変わります。

ですから、何が一番というものはありません。

それでもオーナーが高齢になっている場合、
こんな問題は大変ストレスになります。

金銭面で余裕のあるオーナーであれば
どの対処方法でも、比較的何とかなります。

立退きのトラブルが嫌なら、そのまま売却するのが楽かもしれません。
でも、そのまま売却する場合
あまり高く売れないかもしれません。

建物は老朽化し、金融機関などでは査定対象にならないのです。
購入する方がローンを利用しようとする場合
低い査定金額しか出ず、借入が難しくなります。

アパートのまま売却しようとする場合、売却金額は低くなるかもしれない。
という覚悟をしておく方が良いかもしれません。
(絶対低くなる訳ではありませんが)

だから、オーナーが金銭的に余裕があるのなら、処分と思えれば良いでしょう。
そう思っていると比較的売却はスムーズです。

それ以外の方法のメリット・デメリットはまた、ご説明したいと思います。

arrow_upward