株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年07月21日
ブログ

収益物件を買いたい。大家さんになってみたい

ここ数年収益物件を買いたい!
と言う方が大変増えているようです。

バブル期は資産に余裕のある方もそれほどない方でも
たくさんの方が不動産・収益物件を買うような時代でした。

今は、貯蓄も金利がつかず
金融資産も老後資金も心配、そんな時代のせいなのでしょうか
不動産を取得しようという方が相変わらず多いのです。


手頃な価格の物件は無いですか?

自宅以外に不動産を購入したい、と考える方。

最初は、まず少額の戸建てや、分譲マンションの1室
などから始めようと考えます。

1000万円以下の物はないか。
もう少し余裕のある方は
2000万円から3000万円程度の物件を希望

その位の金額の場合現金で買おうという方がほとんど
でも、ローンを組めるものなら
ローンで買いたいという方も多いようです。

当然、不動産に興味のある方です。
だから、安い物件を買って
例えば自分で、リフォームして貸したい
と考えられるようです。

当然、収益を上げなければ意味がないので
手ごろな価格のものがあれば買ってみたいのでしょう。

でも、その「手頃な価格」
と言う物件はどんなものでしょうか

価格が安い、という事はそれなりの理由があるのです。

1000万円以下の物件

少々駅から遠い場所にある築年数の経った
比較的小さな戸建て。
また、古いテラスハウスなど。

建築基準法に照らしてみると、
再建築ができない(建て直す事ができない)
建蔽率、容積率をオーバーしていて
建て直すと現状の物件と同じ位の大きさが建てられない。

など、やはり難点があるものになるでしょう。

そういう物件であると基本的に金融機関から借り入れすることが
かなり難しくなります。
特に、収益物件を初めて買おうという方にとっては
猶更ハードルは高くなります。

なので、そのような場合は現金で購入されることを
考えた方が現実的だと思います。


購入した後の費用なども考えてから始めましょう!

1000万円前後の収益物件を
広告に出したりしますと
正直、かなりの反響があります。

お得感があると、一日にものすごい数の
問い合わせが来たりします。

だから、セミプロのような方も多く
まったく初めての方は大変かもしれません。

また、買った後のリフォームや直しも
数百万円かかることもあるので
そこも考慮が必要です。

だから、もし購入したい物件があった場合
預かっている業者にきちんと説明してもらってください。

悪い内容でもきちんと説明してくれる会社に
話を聞くことが大事です。

古い戸建ては、色々と問題が出てくることあります。

それを理解して考えて頂きたいと
最近特に思っています。

arrow_upward