株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年09月02日
ブログ

収入が無くなって住むところが探せない。どんな方法があるの?

コロナで職を失った方。
勤務先が倒産してしまった。

収入が無くなり、住むところも無くなる
と言う方も残念ながらいます。

給料がコロナが原因で半分くらいになってしまった
と言う話も良く耳にします。

市役所から家賃補助を受ける。それも一つでしょう。

でも、新しく仕事を探そう
と言う時に住むところが無いと困ってしまいますね。
そんな時にどんな方法があるのでしょうか

仕事が無いと住まいも探せない。住まいが無いと仕事が探せない?

仕事を探すのに住むところが無ければ
求職するときにも、大変困ります。

でも、仕事が見つかっていないと
住むところを探すのも大変。

悪循環になってしまいますね。

住まいをお貸しする立場では
現在求職中とか、住所が現在無い
と言う方はやはり心配です。

これから家賃が払えるの?
仕事に就けるの?

と考えるのは当然です。

可能なら、まだ仕事を始めていなくても
勤務先の内定をもらっている。
内定先から、雇用契約を結んいるとか
内定通知書をもらっている
と言う状況になると
お部屋を借りられる可能性が大きくなります。


内定通知や預貯金残高も審査の助けになることがあります

もし、内定ももらっていないのであれば
例えば、預貯金をある程度持っている
という事が証明できる場合も可能性があります。

最近は保証会社を使う賃貸借契約が増えています

特に、収入面に不安がある入居希望者でも
保証会社の審査が通れば、貸してくれる事も多いのです。

保証会社によっては、このように預貯金が家賃の10か月分位持っている
などでも審査してくれる事もあるのです。

とにかく、貸主としては「きちんと家賃が払える」
と言う事が大前提です。

更に、もし払えなくなっても保証会社の保証がある
のであれば、考慮してくれる方も増えます。

もちろん、駄目な場合もありますが。

難しい条件ばかり。相談してみた方が良いかもしれません

内定もとれていない
預貯金もない

そんな場合、ある程度の収入のある親などに
契約者になってもらう。

契約者は親で入居者は子供
と言うケースも良くあります。

ただし、親も余り高齢であったり収入が少ない場合は
難しくなってきます。

こんな時代だからこそ
貸す方も慎重にならざるを得ないのです。

どうしても収入が無い場合など
生活保護の受給が出来れば
それもOKな事もあります。

入居審査に苦労しそうな方。
予め不動産会社に相談してみる事が
早いと思います。

arrow_upward