株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年10月20日
ブログ

10月・11月は市税の滞納整理強化月間。税金の滞納を無くしましょう

市税  には 市民税、都県民税、固定資産税、軽自動車税
健康保険税 など様々な税があります。

サラリーマンの方であれば、市民税、都道府県民税 などは
源泉徴収として引かれていて
あまり気にする事がないかもしれません。

それでも、固定資産税などは個人で支払わなければなりません。
これらの税金は多くの方がきちんと納めています。

でも、一部の納付されていない方がいる事も事実。
そこで、埼玉県と県内の市町村では
10月から12月を 「滞納整理強化月間」として
滞納解消に向けて取り組んでいます。


新座市では市税徴収率が大変高いようです。

お給料から天引きされていると余り気にならない税金。

でも、それが自分で支払う状況になると
結構その金額が気になるものです。

更に、うっかり支払いを忘れてしまう事もあるかもしれません。

だから、源泉徴収されない方でも
銀行で自動引き落としの手続きをしている事が多いと思います。

だから、新座市では市税徴収率が令和2年では97.15%
滞納額は 令和2年では約7.3億円。

この徴収率だけみると、皆さん本当にきちんと税金を納めている
と思うのです。

もちろん、税金を支払わないという事は
納めているかたもいるので大変不公平となります。

もし、納めないとどうなるのでしょうか。  

市税滞納をすると、催告、督促の後には【財産調査】?

納付期限内に支払わなかった場合
うっかり忘れてしまう事も当然あるかもしれません。

そんな場合は、まず 督促状・催告書が送られてきます。
更に、納税を督促する電話などがかかってきます。
もちろん、その督促状に従って支払えばOKです。

それでも支払いが無かった。
そうすると、ちょっと恐ろしいのですが
市役所で【財産調査】がされます。

これは、勤務先への給与支払い状況が照会されたり
金融機関に対して預貯金の調査までされてしまうようです。

結構強烈な調査ですね。

そして、それでも支払わなかったとするとーーー

最後には財産の差押が。これは大変です

最終手段として
【財産の差し押さえ】
となってしまうのです。

自宅に置いてある財産、預貯金
売掛金など、あらゆるものから徴収されてしまいます。

不動産を持っていたら
まずは、その不動産が【差押】と登記されてしまいます。
これは、滞納金を全額支払わなければ
この登記は抹消されません。

不動産の登記簿を調査すると
この【差押】と登記されている物があります。

もし、支払う目途が立たない状況の時。
いずれ【競売】にかかってしまうでしょう。

不動産登記簿を調査するときには
この【差押】と言う文字があるものは
私たちも要注意物件として認識します。

それが、賃貸物件であれば関係ない?
いえいえ、そうではないのです。


不動産契約前に登記簿の調査を行います。結構大事な事なのです。

賃貸物件でも、契約する前には
普通 登記簿の調査を行います。
その物件の所有者が確かに貸主なのか
所有権を阻害するような権利がついているのか
抵当権などがついているか。

などは、とても大事な内容なのです。

抵当権は、所有者が例えばその物件を購入するときに
金融機関からローンを利用した。
とか、リフォームするためにお金を借りた。
などで、よくあるケースであり
内容や所有者の状態によって、さほど心配ではない事が多いのです。

それでも賃貸借契約時に
既に抵当権がついている物件の場合
万が一貸主が借りているお金を返せず
競売にかかってしまえば、その賃借権を主張できない
という事になるのです。

先に抵当権がついていたのなら、あとから賃貸借契約を締結しても
その借りている権利の方が弱い?となるのです。
もし、借りる時には抵当権がついていなくて
後から抵当権が設定されたのであれば
逆に借りている権利の方が強い
という事になるからです。

でも、先に説明したように、貸主の借り入れ状況に
さほど問題が無いことも多いので
そこまで神経質になる必要はないかもしれません。

【差押】が登記されている場合は要注意

では、【差押】と初めから記載してある物件の場合。

これは、やはり要注意です

競売にかかってしまう可能性が大

以前も賃貸仲介時に謄本をしらべたら
【差押】という文字があり、貸主に確認したことがあります。
その原因は 健康保険の未払いでした。
健康保険も支払わないでいるうちに100万円を超えたそうです。

その金額であっても、市役所は【差押】登記をします。
もちろん、支払いについて分割方法などの
話し合いはしている。
とお聞きしました。

でも、税金を滞納するという事は、
色々な面で経済的に困窮されている、という証にもなります。

だから、借主に今後色々迷惑がかかる可能性も大きくなります。
裁判所からの仮差押えを受けると、借主にも裁判所から書類が届き
直接貸主への家賃支払いができなくなったりします。

とりあえず、スグに追い出されるような事はないのですが
色々と面倒な事も起こると思います。

その為、仲介会社でも差押の文字が入っている物件は
契約しない事も多いのです。

税金の滞納にはくれぐれもご注意下さい。

いずれにしても
市税などの税金と言っても
滞納は要注意です。

市役所の差し押さえは、かなり早い段階で
行われる事が多いのです。

税金滞納にはくれぐれもご注意下さい。

arrow_upward