株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2017年11月27日
ブログ

どこから来たの西東京市。マイソクさんによる調査


不動産広告のマイソクさんが、広告図面を週に1~2回配布します。

その図面を持ってきてくれる時、ちょっとしたデータを記載したものがあります。

色々な地域にそれぞれ転入してくる人はどこから来ているのか、という特集です。

今月は、どこから来たの?西東京市編

 マイソクさんのデータによると、

1.練馬区 7078人 2.武蔵野市 2840人 3.杉並区 2658人 

4.東久留米市 1908人 5.小平市 1888人

こんな順位になっていました。

                

やはり西東京市の周辺の市から


西東京市に接している市部からの転入がもっとも多い。当然と言えば当然の結果ですね。ただし、数字では練馬区が多いのですが、練馬区は人口が73万人なのです。

ですから、割合でいけば0.1%未満なのです。割合を基準にすると、武蔵野市が約2%と一番。続いて東久留米市の1.6%となります。

市区町村間移動人口というのは、思ったより少ないものですね。

不動産を探される時に、やはり多いのがなじみのある土地で探されます。

住んでいる場所や、実家のある場所の近く、もっと言えばお子さんの小学校の学区区域内などなど。

少々移動される場合も、なじみのある沿線で。そんなケースも多いです。

不動産というのは、建物や土地だけではなく、地域、場所も含めているものですね。

arrow_upward