株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年12月07日
ブログ

夢をかなえる為、受験生支援の貸付事業

東京都では受験生への支援事業として学習塾の費用などを貸し付ける事業を行っています。窓口は各市町村。西東京市でも当然行っています。

「受験生チャレンジ支援貸付事業」という名称で、中学3年生、高校3年生等に塾費用や受験料の貸付を一定所得以下の世帯に対して行うものです。

大学生への奨学金とは違い、これから夢をもって進んで行こうとする子供たちにとって嬉しい支援だと思います。

学校の勉強だけで、希望する進路へ行こうとするのは現実的には大変な事です。

それでも、チャレンジしたい子供たちへ、受験料や塾の費用や通信講座費用などの捻出に苦労する子供たちへ資金の援助を行います。

夢が大きければ大きいほど、塾などへ通えれば本当に嬉しいと思います。

 

支援を受けられる方の条件

対象となる方は、中学3年生、高校3年生。学校に在籍していなくても進学を目指している方です。

貸付対象は、高校・大学受験対策の学習塾費用をサポートするものと、高校・大学の受験費用をサポートするものの2種類です。

学習塾等受講料は20万円を限度。高校受験料は2万7千円を上限。

大学受験料は8万円を限度 として何と無利子で貸付られます。

所得制限としては

3人世帯の場合 年間収入が334万3千円以下

4人世帯の場合 386万4千円以下 など世帯人数によって異なります。

また、一人親世帯の場合は2人世帯で301万8千円以下など

細かい規定があります。

また、生活保護世帯は支援を受けられません。

預貯金等資産の保有額が600万円以下であるなどの条件もあります。

もちろん、支援を必要とする方が対象なのですが、非常に厳しい制限と言うわけではないようです。

貸付金の返済は入学すると免除!

しかも、この貸付金

高校・大学へ入学した場合、返済が免除(償還免除)されるという嬉しい制度です。

免除に際しては、免除申請書と共に入学した高校・大学等の入学証明書などを提出する必要があります。

でも、奨学金のように大学卒業後も苦しい中で返済している方の話もよく聞きます。

それから考えると、もちろん金額も大分違いますが嬉しい支援制度ではないでしょうか。

詳細は西東京市では 社会福祉協議会 受験生チャレンジ支援窓口 にご相談下さい。

保谷庁舎裏手 で 電話番号 042-422-2010

http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/seikatsu/teisyotokusyataisaku/jukenseichallenge.html

或いは、東京都福祉保険局生活福祉部生活支援課でも説明してもらえます。

子供たちに、夢のお手伝いができると良いですね

arrow_upward