株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年12月09日
ブログ

引越しが決まったら退居の手続きを!

年末に向けて引越し業者のトラックを良くみかけるようになりました。

そして、昔ほど極端に春先に向けて引越しされる方が増えなくはなりましたが、やはり引越しされる方が多くなる季節がきます。

引越しされる方に、是非注意して頂きたい事があります。

退居は、入居している貸室の管理会社、或いは管理会社が無い場合は大家さんに通常1ヶ月前には退居する旨を伝えます。

物件によっては、2ヶ月前には連絡するなどという物もあるので、引っ越そうと思った時点で、まずは契約書を確認して下さい。

住居以外の事業用物件 店舗や事務所の場合は、更に3ヶ月前或いは6ヶ月前には退居の申出を文書で行う、という場合もあるので注意が必要です。

もし、連絡が遅くなり退去まで1ヶ月も無い、或いは急遽引越しする事になる、などというケースもあるかもしれません。やむを得ない事情であれば、もちろん早めに明渡をして頂くのは構わないのです。

ただし、賃料はたとえ2週間後に明け渡しても、1ヶ月前に通告しなければならない契約であれば、1か月分の賃料の支払は発生します。

ご注意を!

退居の際に確認すべき事

退居時する事が決まったら、まず大家さんや管理会社へ電話で連絡して下さい。

その後、通常解約の書類がありますのでそれに記入する必要があります。

会社によっては、書類を受領した時に初めて解約の受付となる事もあります。

解約の際には、借りていたお部屋の契約の他に火災保険や保証会社を使用していれば保証会社との解約など様々な手続きがあります。

必要書類を確認し、出来れば転居先の住所を確認しておく必要もあります。

また、最近は敷金を預けていない場合もありますが、敷金を預けていれば退居後に敷金の精算を行います。

一般的に敷金から通常のクリーニング費用を差し引く場合が多いと思います。

ただし、これも契約書を確認して下さい。定額の場合や実費で差し引くなどの違いが有ります。また、敷金が無かった場合退居時にクリーニング用を支払うという契約も最近ではあります。

敷金で残金が出た場合は返金されるので、返金してもらう銀行口座などをわかるように確認しておいて下さい。

そして、認印が必要になることが多いので印鑑を持って解約手続きに管理会社へ行く或いは郵送するかなどを済ませて下さい。

会社によっては、郵送は受け付けない事もあるそうなのでこちらも確認が必要です。

引越しの手配に注意すること

退居するまでに1ヶ月以上あると思いますが、引越しは思いのほか大変です。

引越し業者さんを頼む場合、年末年始などは正月料金になり高目になります。

また、2月 3月 などは業者さんの手配は大変です。

料金高めの上に希望する日時は取れません。早めに予約する必要があります。

基本的に土日や休日は高いので、平日がお勧めです。更に時間指定が出来ないものは料金が安くなるのですが、実はこれが管理会社にとっては困りものなのです。

荷物の搬出や片付けが終わった後、室内の確認に立会いをさせて頂くのですが

いつになるかわからない立会いに対処できません。

せめて、引越しやさんがきたら積み込みをすれば良いようにまで準備をして頂きたいと思います。

よく、立会いの約束時間に伺うと殆ど片付いていなかったり、ゴミがそのままだったりというケースがあります。

十分時間に余裕を持って引越しやさんが積み込みだけにしておくなどの心遣いを望むところです。

引越しの際は、契約書の確認、余裕を持った片付けをお願いします。

arrow_upward