株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年02月16日
ブログ

賃貸物件でも自分でリメイクできるの?

最近テレビなどでも紹介されている賃貸物件でもできるDIY。基本は賃貸物件の場合増築、改築、リフォームなどは無断ではできない事となっています。クロスや床ももちろんそのままお使い頂く事になっています。

ところが、最近賃貸物件でも退居する時に元の状態にもどせば良いのだから、剥がせるクロスや元々の床材の上に自分で好きな床を貼るなどの方法が紹介されています。

テレビ番組などでは、もっとインパクトの賃貸用のリフォームが紹介されています。

元の壁の上に一枚板を置きそれを色々工夫し棚を作ったり壁面収納を作ったりなど、全く違う雰囲気にまでしています。

ちょっと興味を引く内容ですね。私も結構好きで良く見る番組の一つです。

賃貸物件に行ったDIY.現状に戻せますか?

そんな事から、お客様にお部屋をDIYしても大丈夫ですか、と聞かれました。

紹介されているように、全く元のように戻して頂けるのであれば問題はないと思います。

ただ、以前あるアパートで退居時立会いに伺ったとき、ご自分でキッチンや壁にクロスやシートを貼ってしまった方がいました。

壁にはレンガ調のホームセンターで売っているようなクロス。キッチンの扉にも木目調のシートが貼られています。

そして、剥がそうとされた様子は見られたのですが、半分以上はがれていません。

(剥がせなかったようです)その状態は正直汚いとさえ思えました。

入居者の方によると、奥様が自分で賃貸でも剥がせるというつもりで、クロスやシートを貼って楽しんでいたそうです。

確かに自分好みのインテリアなどは、あこがれると思います。

でも入居した時のような状態に戻せないまま、素人が中途半端に貼ってしまったクロスやシート。これは、全くNGです。結果、入居者に対し現状回復として費用を請求する事になってしまいました。

もし、トライしたいのであれば、小さな部分から確かめながらやって見た方が良いかもしれません。

また、もし現状に戻せなくなった時は退居後に現状回復費用がかかるかもしれない、との覚悟を持って行ってくださいね。

 

arrow_upward