株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年06月01日
ブログ

ワンルームアパートの照明が自分で替えられない。心配されたお客様

先日、ワンルームアパートを契約したお客様から室内電気についてのご相談がありました。
お部屋はロフト付のワンルームで一階ですがロフトの高さも結構あります。
もちろん、入居前には電気も点検済みですので、切れている電球はありません。
ただ、入居中に電球が切れれば当然 ご入居者が自分で交換する必要があります。

ロフトがあると言う事は、居室の天井は通常より高いのです。
そこに、メインの電気がついています。

入居者のお母様は、その高さを心配されていました。
「電気が切れたらどうするの?」
そして、自分で替えられないから、何とかして欲しいと相談されたのです。

ロフト付のワンルームの天井は高い。電球が切れないように初めからLEDにして欲しいと言われます。

ロフト付のワンルームの場合、確かに天井付けの照明の交換は大変です。
入居前には、電球は切れていない事を確認はしています。
それでも、入居中に切れた場合。
どうしても手が届かない場合など、当社に電話が掛かってくる事もよくあります。
普通の脚立などで届かない場合、当社でも電気屋さんやリフォーム会社に電球の
交換を依頼したりします。

なので、届かなければ連絡して下さい。
とお話したところ、LED電球にして欲しい、と言う話になりました。
LEDであれば、長持ちするので交換する必要がないから、というお気持ちはわかります。

本来、現状の設備のままお使い頂く事が賃貸の場合大前提です。
それでも、照明器具はそのままでお客様負担でLED電球に交換すること自体は、こちらで認められる範囲ではあります。

現在ついている照明器具で、蛍光管のみLED管に交換できるかどうかになります。

入居前に照明器具の交換が行われました。

お客様は、自分でできないのだから、そちらでLED電球に全て交換して欲しいと言われました。

その照明器具は、20Wの直管の蛍光管(棒型のもの)が4本ついているものでした。

実は、当社では今共用灯などを徐々にLEDに交換しています。
そのLEDの直管が今ついている照明器具でそのまま使えれば、それに交換する事になりました。
電球はこちらで、20W相当の直管を4本用意して、業者に交換を依頼しました。

LEDの管はそれなりの金額がするものです。
更に、取り付けの手間代だけで施工をしてみました。

今は、普通の照明器具に対応しているLED管があるので、何とか取り付けが出来ました。

照明器具自体を交換希望されるのは無理ですが、
今回はちょっと手間と時間がサービスですが何とか対応できました。

出来れば、今後はご自分でできる範囲の事でお願いしたいと思った案件でした。

arrow_upward