株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年10月12日
ブログ

浸水被害が心配されます。

ひばりが丘北側の新座市。
西側の東久留米市
両市にまたがる河川のいくつかが、やはり浸水予想区域に含まれています。

今までも、何度か浸水被害にあっている河川の一つに所沢から新座市北側を流れている柳瀬川があります。

ハザードマップでも浸水予想区域に含まれる地域です。

もちろん、浸水の危険性があるのは川があるところが一般的。

この近隣では、有名な川としては東久留米市を流れる黒目川などがあります。
幸い、現在のところひばりが丘近隣では大きな被害は予想されていないようです。


公共の防災情報も確認してください。

10月9日に私たち不動産業界の法廷研修会が東京丸の内の国際フォーラムで実施されました。
その時もタイムリーでしたが、「水害リスクに関する情報の開設」という講義がありました。
昨今の大規模な水害や年々ひどくなる台風の被害などで
情報を収集する必要があるからです。

東京都内であれば
東京都水防災総合情報システム というサイトがあります。

水防災 というワードで 検索。
東京都防災ホームページへ飛びます。

そのページでお住まいの地域の防災情報がリアルタイムで確認できます。
避難勧告など必要に応じて確認してください。

新座市などの場合は、やはり埼玉県のトップページから緊急情報なども確認できます。

川の氾濫以外にも、道路の冠水などにも十分注意する必要があります。

自分の身や家族の身を最優先に気をつけていきたいですね。


arrow_upward