株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年10月11日
ブログ

台風被害を修理したばかり。また台風襲来

9月9日に台風の被害があったばかりですね。
東京でも、風による被害が多かったように思います。
当社でも、色々な被害がでました。
前回の被害で多かったのが、階段や廊下の目隠し板が飛んでしまったものでした。
いつも、台風や大雨の時には翌日雨漏りや水の被害の報告を受けることが多いのです。
それが、前回は外のポールに設置していた防犯カメラが落ちてしまった。
とか、外廊下の目隠し板が落ちているなどの報告がありました。
これは、風がひどかった為の被害と思われました。

前回の台風は風による被害が大きかったようです。

前回の台風被害による修理が最近ようやく全部終わったところです。
いくつかのアパートで、壊れて落ちてしまった目隠し板を片付け、新しいものを設置しました。
また、先月位からマンションも3棟ほど、防水塗装工事を実施。
雨漏りの心配のあった建物もこれで安心。
一応、台風対策は行ったと思っています。

ただし、目隠し板などは同じアパートでも全て交換した訳ではありません。
とりあえず、危険と思われる場所を修理しました。
でも、違う場所が壊れる危険せいもあります。

今回の台風は、前回よりも大きな被害をもたらす危険性があるようですね。
念のため、今日は管理物件の巡回を行ってきました。

自衛策を講じる必要もあるかもしれません。

管理物件の看板なども危険がないか点検してきました。

風で飛んでしまいそうなものが周囲にないかの確認。
などなど。

出来る範囲で見回ってきました。

ただ最近の台風は想定外の事も多いようなので
万全の備えという訳にはいかないようです。

当社の入っているビルもまだ築4年にも関わらず新しいサッシの隙間から雨が吹き込んだようで、朝きてみたら、床がびしょびしょになっていました。

低くなったところに入り口のある建物などは、十分注意する必要があるようです。
さきほど、入居者からのご連絡で、部屋のドア付近に土嚢を置こうと思ったら
既に、土嚢も売り切れてしまっていたそうです。
もし、浸水が防げなかった場合を想定すると大事なものは家の中でも高いところに置く、などの自衛策も必要かもしれませんね。


arrow_upward