株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年12月14日
ブログ

東京2020オリンピック・パラリンピックのメダルは携帯電話から

東京オリンピック・パラリンピックまでもう1年を切りました。

新座市はしゃげきの競技会場という事もあって、積極的に東京2020へ協力してきました。

特に「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」を実施。

携帯電話やデジタルカメラなどの使用済み小型家電を回収し、リサイクル金属からメダルを制作する試みに参加しました。

都市鉱山からつくるメダルプロジェクト。新座市も市を挙げて応援しました。

このプロジェクトを通じて全国から回収された小型家電から、メダル約5千個全てのメダルが制作されることとなったのです。

新座市でも2年前からこのプロジェクトに取り組んでいました。

市内の小学校、中学校などの公共施設などで回収ボックスを設置していました。

このボックスは2019年3月までの2年間でしたが、何と170kgにもなったそうです。

すごい事ですね。そして、全国から回収されたリサイクル金属では約78000トンもの金属が集まり、必要な5000個のメダルが無事製造できることになったそうです。

 

 

 

オリンピックのメダルには必ずギリシアの女神が描かれる。など細かい規定もあるそうです。

今年の夏には既にメダルデザインも決まり、テレビなどでも発表されています。

メダルは当然金・銀・銅の3種類。

知らなかったのですが、表面のデザインは、国際オリンピック委員会で定められた構図なのだそうです。

パナシナイコスタジアム(アテネ)に立っているニケというギリシア神話に登場する勝利の女神。

そして大会の正式名称を描くそうです。これは2003年に正式にIOCによって決められたのだそうです。

裏には競技の名前と大会エンブレムが描かれます。

大きさは直径70~120mm。重さは500~800g などの規定にそって作られます。

2020のオリンピックのメダルを見て、史上初めての試みに思いをはせてみてください。そして日本がたくさん、そのメダルを取れる事を祈りたいですね。

arrow_upward