株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年02月18日
ブログ

新座市の桜を守ろう!桜満開プロジェクト

小学校や中学校の校庭には桜がつきものですね。

満開の桜の下での卒業式や入学式
思い出の中に必ずある一ページです。

小学校の校庭にあるシンボルツリーである桜

そんな桜の木が、今危ないのです。

新座市では、桜の木を守ろうと桜満開プロジェクトを行っているのです。



小中学校の桜が寿命を迎えてーーー

新座市内の池田小学校の桜は、市内でも珍しい 山桜 です。
山桜はソメイヨシノに比べ寿命が長く、樹齢は100年以上と言われています。
ところが、池田小学校の桜は 現在カビに侵されていて、
あと数年で枯れてしまうと言われています。

また、新堀小学校の桜は、昨年9月の台風で2本も倒れてしまいました。

学校の桜は一般的にソメイヨシノが植えられています。

ソメイヨシノは樹齢が50~60年と言われています。

新座市内の小中学校は、いずれも創立50年以上を迎えています。
それと共に、校庭に植えられた桜の木も老齢期を迎えます。

このまま行くと、小中学校の校庭から桜の木が消えていってしまうかもしれません。

子供たちの思い出となる桜を守ろう!ふるさと納税で支援を

そんな桜の危機的状況を脱しようと
新座市では、
【桜満開プロジェクト】を始めています。

これは、池田小学校の生き残っている山桜から
挿し木等で増やし、新座市内の学校に植樹をしていこうというものです。

その方法として、ふるさと納税を活用したクラウドファンディングが実施されているのです。
これは、昨年12月からスタート

目標額 220万円 で、ふるさと納税の対象となっています。
期限は 2020年3月23日 となっています。

お礼の品を選んで、ふるさとチョイス等のサイトからお申込みする
或いは
新座市 シティプロモーション にお電話で問い合わせもできます。
   電話番号  048-424-4686

プロジェクトのアドレスは
https://www.furusato-tax.jp/gcf/753

こちらから、お申込みもできます。

子供たちの成長と桜は、切り離せない思い出です。
是非、このプロジェクトに参加してください。

arrow_upward