株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年03月17日
ブログ

投資物件の売買が増加。入居者は置き去り

投資物件の売買。

ここ数年、ちょっとしたバブル並みかもしれませんね。

当社でも、長い間お預かりしていたアパートやマンションを売却する例が増えています。

もちろん、長期間お預かりしていたという事は、築年数もそれなりに経過しているわけです。

新築時から、或いは築年数が経たない内に所有していたオーナーさん。

建物と一緒にオーナーさんも年齢を重ねます。その時に、これからこのアパートをどうしようかと言う、問題がでてくるのです。

そして、その物件を手放そうという話になります。

 

 

オーナーも賃貸物件も高齢化。保有が難しくなるかも。

賃貸物件を手放す。それは、当然にある訳です。

経過年数と共に建物には修繕や補修が必要になり、多額の費用もかかります。

それも理由で、高齢になったオーナーさんは手放すことが多いのです。

そして、最近は投資家さんと呼ばれる個人でいくつもの収益物件を保有している方が購入する事が多いようです。

そのほかに、よくあるのが不動産会社が購入するケースです。

もちろん、投資物件です。賃貸物件の売買は収益を目的としています。

少しでも安く買ってもうけたい。

それは、商売なので当たり前です。

ただ、個人的には、そのやり方に疑問を感じる事があります。

 

ちょっと買っては、すぐに売る。賃貸物件も転売が横行しているようです

古くからお付き合いをしていたオーナーさんが売却する。

多少、傷みや築年数の経過があるので売却値段も考慮します。

購入した新しいオーナーは、初めから転売目的で購入する。

非常に多い事例です。

悪い訳では、ありません。でも、瑕疵があるからと売却値段を安くしたのに、

それを黙って次の人に高く売却する。

購入して、2~3か月で何百万も、ひどい時には1000万以上も高くして売却しているのです。

商売と割り切っても、いささかひどいのでは、と思う事があります。

もしかしたら、不動産会社としては法律に抵触するのでは、ともかんじます。

バブル期を彷彿します。

管理会社として、大事に扱ってきた賃貸物件がそんな扱いを受けている。

と思うのは、少々悲しい気持ちもするほどです。

オーナーが頻繁に変わると入居者は心配

先日も、そんなマンションの一つから退去したいので

新しいお部屋を探して欲しい、と言うお客様が来られました。

そのマンションを建てられたオーナーが所有していたころに、こちらでご紹介して入られたお客様でした。

マンションは、売却され、その後何度も転売をされていきました。

転売される度に、だんだん住みにくくなったとお客様は言います。

賃料も一方的に値上げされる。更新しても契約書一つ渡してこない。

保険に入ったと思われるのに、その書類も渡されない。

都内の業者さんで、色々とトラブルがあっても放っておかれる。

などなど、不満が続出されます。

入居当時は当社が窓口となって、故障や補修でもいつでも話を聞いてくれていたのに。

という訳です。

そして、嫌なら退去すればいい、というニュアンスで言われたそうです。

ただの投資物件かもしれません。

でも、お客様にとっては大事な我が家です。

入居者の顔をみないオーナーが増えているようです。

たとえ収益をあげる為だけであっても、お客様がいる事を考えて欲しいと

思うこの頃です。

arrow_upward