株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年04月02日
ひばりが丘地域情報

ひばりが丘団地のメモリアル。スターハウス

日本の公団住宅の先駆けともいえる「ひばりが丘団地」

戦後に台所(お勝手)から、ダイニングキッチン(DK)という新しい生活様式を生み出したという公団でした。

そのひばりが丘団地も、昨年には全国でもモデルケースとしての団地再生事業が完成しました。

その新しくなった団地の中。

現在はひばりが丘パークヒルズと呼ばれる場所ですが、ひばりが丘団地メモリアルが残されています。

戦後新時代の到来を告げる2DKの間取り。ニュースにもなっていた場所です。

戦後の新時代を作る走りでもあったひばりが丘団地。

その当時、2DKと言うコンクリートの建物に住むのは庶民のあこがれでした。

そして、それを象徴するかのように

平成天皇(現在の上皇陛下)が皇太子の時代に訪れた事でも有名です。

その時に、公団のベランダに立たれて団地をご覧になったそうです。

その時のベランダが【メモリアル】として保存されているのです。

場所は、昔の姿を残すスターハウスの前。

スターハウスとは、集合住宅の形態の一つで上からみるとY字型をしています。

ひばりが丘団地には、もともと4棟あったのですが

再開発に伴い53号棟だけが、ひばりヶ丘パークハウスの管理棟として残されています。

 

ひばりが丘パークヒルズに生まれ変わりましたが、昭和のメモリアルが残る

その53号棟の前に

メモリアルのベランダ

74号棟の208号室が切り取られて保存されているのです。

そのベランダは、自由に出入りでき、ちょっとした子供の遊び場にもなっています。

昭和に多くの著名人が見学に訪れた、ひばりが団地。

その頃をしのぶような、建物です。

arrow_upward