株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年07月12日
ひばりが丘地域情報

システムバスの浴槽にシミ汚れが。それ程古くないのに!

退去済みのお部屋の確認をしました。

そのお部屋は10年位前にフルリノベーションを行ったお部屋でした。

全ての設備も最新にし、間取り、建具も全て一新したお部屋。

それでも、10年間住んでいただいたので

それなりの汚れはあるでしょう。その位の気持ちで確認に行きました。

【フルリノベ】して、きれいだったバスルーム。それなのに、浴槽はシミだらけに。

窓のあるバスルーム。ボタン一つで給湯され、追い炊きもできるようなオートバス。

パステルカラーの浴槽がきれいでした。

ところが、そのバスタブが、かなり変色していました。

クリーニング業者からは、この汚れはしみ込んでいるので落ちません。

と、報告されました。

淡い色調の浴槽でしたが、内部には茶色のシミでまだら模様になっていました。

これを見た時は少々、ショックでした。

シミ汚れの原因。入浴剤の利用のせい?

バスタブのシミの原因。

おそらくは、入浴剤が原因だろうという事でした。

最近の入浴剤は、シミは出来ないとメーカーでは言っています。

もちろん、入浴剤を利用する方も多いと思います。

利用していけない訳でもありません。

ですが、入浴剤の入ったお湯を長時間放置しておいた場合。

このような汚れができる可能性があります。また、必要以上にたくさんの入浴剤を入れた時も同じです。

入浴剤自体は、効能もあったり温泉気分になるなど。

大変気持ちよいものです。

だからこそ、使い方には注意が必要なのです。

 

早めの対処であれば、バスタブのシミは落ちる?

普通はバス用洗剤で十分なはずです。

でも、一旦シミが出来てしまった場合。

染み抜き材などを使用しなくては落ちなくなることがあります。

これは、浴槽の表面ではなく内部にまで浸透してしまうからです。

いずれにしても、染み抜きと言うのは時間が経つほど落ちにくくなります。

これは衣類でもカーペットでも同じ事。

ただし、染み抜き材などを利用する場合も、注意は必要です。

逆に色落ちしてしまったり、痛めてしまう可能性もあります。

色落ちしないか、狭い範囲で確認するとか

注意書きもよく確認してください。

 

経験したことの無い浴槽のシミ。シミの原因はーーー

今回のバスタブの汚れは、染み抜きでは落ちませんでした。

入居者があまりこまめに掃除をしなかったり

入浴剤入りのお湯を溜めっぱなしにしておいた。

日常的にそのような状況であった。

などが想像されます。

実際、今まで新しくシステムバスにリフォームした事は良くありました。

それでも、このような汚れを目にしたことはありませんでした。

浴槽の材質や、入居者の利用していた入浴剤。

更には清掃の頻度。

など色々な要因が重なったのかもしれません。

新しい入居者の為?バスタブ交換が必要。費用もかかります。

それでも、今回もクロスなどもおしゃれに交換したお部屋です。

一面のシミ汚れのある浴槽では仕方ありません。

結局 バスタブ交換をすることに。

費用は決して安い物ではありません。

本来入居者は、普通に清掃したり、換気するなど

借りているお部屋を維持管理する義務があります。

場合によっては、借主が日常的な管理を怠っていたという時には

その負担を求められることもあります。

今回は、ある程度の入居期間があった事や、過失とまでは言えないところも

あるという判断で負担を求めませんでした。

借りているお部屋でも、普通に清掃をしたり、清潔に保つ。

汚れをひどくしない。

くれぐれも、家賃を払っているからどう利用してもよい。

という事ではない事を ご理解下さい。

 

arrow_upward