株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年04月14日
ひばりが丘地域情報

バスタブについてしまったシミ汚れ

退去済みのお部屋の確認をしました。

そのお部屋は10年位前にフルリノベーションを行ったお部屋でした。

全ての設備も最新にし、間取り、建具も全て一新したお部屋。

それでも、10年間住んでいただいたので

それなりに汚れがあるのは当然です。

そう思っていました。

フルリノベされきれいだったバスルーム。大きなシミがたくさん。

ところが、フルオートバスにしたお風呂。

そのバスタブ内が、かなり変色しているのです。

クリーニング業者からも、この汚れはしみ込んでいるので落ちない。

と、報告されました。

きれいなブルーの浴槽だった筈ですが、まだらな茶色のシミが大きく広がります。

少々、ショックでした。

バスタブのシミの原因。入浴剤の入れっぱなし?

バスタブのシミの原因。

おそらくは、入浴剤が原因だろうという事でした。

最近の入浴剤は、シミは出来ないとメーカーでは言っています。

ですが、入浴剤の入ったお湯を長時間放置しておくと、このような汚れができる可能性があります。また、必要以上にたくさんの入浴剤を入れた時も同じです。

入浴剤自体は、効能もあったり大変気持ちよいものです。

だからこそ、使い方には注意が必要なのです。

バスタブのシミは落ちる?早めの対処が必要です。

シミが出来てしまうと、染み抜き材などを使用しなくては落ちなくなります。

これは、浴槽の表面ではなく内部にまで浸透してしまうからです。

いずれにしても、染み抜きは衣類でもカーペットでも同じ。

時間がたつほど、落ちにくくなります。

また、浴槽専用の染み抜き材などで注意して落とさなくてはなりません。

逆に色落ちしてしまったり、痛めてしまうかもしれません。

 

固着してしまった汚れ。遂にバスタブ交換に

今回のバスタブ汚れは、染み抜きでは落ちませんでした。

おそらく、入居者があまりこまめに掃除をしなかった。

長時間、入浴剤入りのお湯を溜めっぱなしにしておいた。

その状態が日常的にあった。

などが想像されました。

結局、バスタブ交換という大変な費用が発生してしまいました。

この内容は、きちんと日常的な清掃を行っていなかった。

という事で、借主にも相応の負担を求める事もできると思います。

借りているお部屋の管理。入居者はする義務があります。

もし、汚れが目立ち始めたら、早めに対処してください。

arrow_upward