株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2021年05月09日
ブログ

私有地に放置された自転車。何度も繰り返される問題

共同住宅の敷地内に放置される自転車

この対応には、いつも頭を悩ましています。

そのままにして置くことも出来ず、かといって簡単に処分もできません。

何度も繰り返される放置自転車問題です。

 

放置自転車といえども、勝手に処分できません。

共同住宅内の自転車置き場、自転車置場以外のおかれたままの自転車

ある日、気づいたときには放置されています。

入居者のものなのか、わからないのでしばらく様子を見ることになります。

ふと気づくと、数年も置き去りにされたまま。

使用している様子もなく錆びつき、タイヤもパンクしています。

置き去りにされた自転車は、もともとは所有者があった筈。

だから勝手に処分することも出来ません。

でも、私有地内に放置されているもの。

土地所有者や管理者で処分するしかないのです。

自転車撤去まで順を追い行う作業が必要

何度も繰り返される放置自転車問題。

定期的とは言いませんが、その度に対処せざるを得ないのです。

まずは、入居者への告知

 ・敷地内に置かれている自転車また、掲示板などにに通知の張り紙をする。

   自分のものであれば張り紙を剥がすなど、所有者の確認作業です。

   これにより放置自転車の絞り込みを行います。

   これには撤去期限を設けておき期間経過後に撤去する旨を通知します。

 ・管轄警察署に相談

   自転車には、基本的に防犯登録が行われています。

   西東京市であれば田無警察が管轄になりますが

   そこで、その自転車の盗難届が出ていないかをチェックしてもらいます。

 ・一定期間経過後に撤去作業を行う。

   私有地内の放置自転車は、土地所有者もしくは管理者で行う。

ようやく撤去できる状態。処分も無償とはいかない

このように、放置自転車が処分されるまでには結構な時間と手間がかかるのです。

さらに、後々自転車の所有者からクレームが出て

トラブルになる可能性もあります。

だから、処分については手順を踏んだことや

写真などで記録を残しておく必要もあります。

その作業をした上でようやく撤去できるのです。

撤去と言っても、自転車などを処分するのも

無料でできるわけではありません。

いくつものアパート、マンション内に放置されている

自転車を併せると、いつも結構な数になるのです。

それらは、たいてい処分業者に依頼することになります。

 

自転車盗難にあったら盗難届を出しましょう

放置自転車は元々は所有者がいた筈です。

盗難され、乗り捨てられてしまったのかもしれません。

それでも放置され時間が経つうちには

自転車は錆びつき、かなり傷んでいます。

盗難された方は、困ったのではないでしょうか。

自転車を取られた方も災難ですが、敷地内に放置された

土地の所有者も災難なのです。

公道に放置された自転車は、自治体が処分することになります。

もし、自転車が盗難された、と思った場合

やはり警察に届け出ることをお勧めします。

今回も警察に確認したのにも関わらず、盗難届が

まったく出されていませんでした。

特に公道に放置されていた場合など

盗難届が出ていれば戻ってくることもあります。

私も以前かなり遠方に乗り捨てられていた自転車が

戻ってきたこともあります。

盗られた方、放置された方

どちらにとっても、多少改善されるかもしれません。

 

arrow_upward