株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年09月28日
ブログ

雨樋の詰まり。大丈夫ですか?

豪雨などが増えている最近です。

今まで、あまり目立たなかっただけかもしれませんが、雨樋についてのクレームも増えてきています。

普段余り気に留めることのない雨樋ですが、お手入れをされていますか?

結構地味なのですが、実は雨樋は重要な役目を果たしているのです。

屋根から流れる雨を軒の処で受け止め、縦の樋に流していきます。それは、敷地内の地面から雨水枡に流れてそこに溜まるのです。多くの市町村では、一般家庭の雨水はその枡から地面にしみ込むようにされています。

もし、雨樋がなければ屋根からそのまま壁をつたったり、地面に跳ね上がったり、敷地内に水溜りができたりしてしまいます。

雨樋は屋根の先についていてU字型をしていますね。ですから、雨だけでなくゴミも当然たまるのです。

雨樋のつまりはクレームの原因。 更に建物にも被害が

詰まった雨樋。もちろん、雨が流れないので、樋から溢れて雨が降ってくるようになります。また、スムーズに流れないので、大きな音をたててどこかに当ったりします。クレームの多くは、雨がふるとうるさい、という所から始まります。

特に、木の多いところにある屋根には落葉がつもり雨樋を詰まらせます。

雨樋をのぞいてみたら落葉や泥でびっしり詰まっている事がよくあります。

それだけであれば、樋を掃除すれば取りあえず問題は解決します。

でも、長い間そのままであった樋は実は、建物にも被害を与えます。

建物への被害がでると大変です!

樋が詰まって行き場のない水は、建物の中に入り込んで腐食の原因となります。

また、壁に直接雨が流れる為、これも壁の中に雨が入り込めば、土台や柱まで腐食するなど建物に大きな被害をもたらす恐れもあります。

また、詰まりだけではなく、割れたり、継ぎ目が駄目になっていても困ります。

敷地内に大きな水溜りができたり、雨がふるとぼたぼたと落ちてきたり、大きな音がするようなときは、要注意です。

一度、雨樋の点検をお勧めします。

自分でゴミを取り除こうとする方もいるようですが、高い場所で不安定なので決して無理をしないようにしてください。

arrow_upward