株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年09月17日
ブログ

そのまま更新してもらいたい大家さん


もうすぐ契約している期間が切れる頃になり(契約期間満了)、普通契約なので更新契約の時期になるお部屋があります。

このアパートは、戸数も少ないので大家さんは一部屋づつを大変気にかけています。

ましてや、入居者は長い間入居してくれて13年以上住んでいてくれています。

最近は、アパートの空きも増えてきていると聞いて大家さんは更新してくれるのかと

心配なのです。一人暮らしの方なので、例えば結婚するので退去します、などおめでたい話であれば仕方ないのですが。

 

大家さんも大変な時代


大家さんもアパートと共に年齢を重ねられます。余裕のある投資専門の大家さんや

不動産をたくさん持っている大家さんであれば、一部屋、一部屋をさほど気にされない場合もあります。 わかりました、又次をよろしく。

そんな場合も、もちろんあります。

でも、小さなアパートを昔手に入れ、その収入が大切な生活費、と言う大家さんには空室になるのは大きな問題なのです。ましてや、アパートも年数を重ねてくると色々と修繕費や維持費もかかってきます。

長期間借り手頂いたお部屋は、それなりの経年の傷みもあり、次の借り手を捜すにはリフォームもしなければ なりません。

その費用も馬鹿にならないのです。

長く住んで頂く為に。 入居者はお客様。


退去は、もちろんいつか出てくるものです。

以前はかなり長期間入居されている方も多くいました。

最近は、情報も多く入居者も気軽に住み替えるようになってきました。

そして、いかに条件の良いところ、いかに新しいところに住むかと検討されます。

貸す側からすれば、長期間落ち着いて満室状態であるのが本来はベストです。

更新契約も更新料など費用がかさむと退去を促す原因にもなります。

更新料の見直し、入居期間中であっても少々お部屋を直したりする。

また、結構効果的なのはアパートの外周りをきれいにしておく。

など、気持ちよく住んでいただく為の努力も必要なようです。

 

arrow_upward