株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年12月13日
ブログ

賃貸契約時に加入する保険って何?

お部屋を借りようとする時、必ずと言っていいほど不動産会社から求められる保険への加入。

今は、殆どの不動産会社で保険の加入を義務付けています。

部屋を借りたいので、言われるがままに加入手続きをしている、と言う方も多いのではないでしょうか。

一般的には1.5万円から2万円前後の場合が多いと思います。

建物の保険は大家さんが入っているのではないの?

そんな疑問も持たれることがあると思います。この保険はどんな内容なのでしょうか

賃貸専門保険「少額短期保険」加入義務付け

以前は、損害保険会社の賃貸人向けの保険が使用されていました。

それが、数年前から賃貸専用の少額短期保険というものができました。

損害保険会社でも、この少額短期保険は別会社で賃貸に特化したものとなっています。

内容としては、まず賃貸人の家財保険。

そして、借家人賠償責任保険、個人賠償責任保険、修理費用保険

となっています。

この内容は、扱う保険会社が異なっていても、ほぼ同じです。

家財保険は、もちろん入居者の家財の事です。火災や落雷、爆発、風や雪、上階から水漏れによる被害、盗難にあった際などに対して保険金が支払われます。

更に、修理費用保険は上記の事故で入居者が自分の負担で修理した場合など保険金が支払われます。また、窓ガラスが割られたとかドアロックが壊されたなどの場合にも対応しています。その他、これから起こりそうなのは、水道管の凍結で水道管を修理した場合なども対応できるケースが多いのです。

ただし、いずれの場合も入居者が不注意で壊したとか、故意に壊してしまったなどはもちろん補償されません。

 

 

賠償責任保険の補償範囲は

保険内容の内 賠償責任保険

これは、借家人賠償責任保険と個人賠償責任保険の二つが主なものです。

借家人賠償責任保険

借りている部屋に過失で火災を発生させたとか、洗濯機のホースが外れて床に損害を与えたなどの損害を与えた場合です。貸主に対して賠償しなければならない場合などに使用するもので、これは大変重要な問題です。大きな損害を与えた場合賃貸人が大家さんに対して賠償するのは大変です。払えないと言われても今度は大家さんが大変な損害を被る事になります。その為、それ程大きな保険金でなく1000万円を限度とした補償が出るのは双方共に(1000万円の場合が多い)大変助かります。

個人賠償責任保険

これは日本国内で偶然な事故により他人の体や物を傷つけた損害に対し、保険に入っている人が賠償責任を負わなければならないとき。

ただし、自動車事故などはもちろん該当しません。

簡単に、入居者が他の人や物に賠償しなければならなくなった時の保険です。

このように1万から2万円程度の保険料で2年間保証されるような保険は余り見ないものです。

借主にとっても、最近は貸室内で死亡事故が起こった時の清掃、修理、消毒などにも対応しているので、大変助かる保険でもあります。

そんな意味のある保険なので、何か良くわからないと思っても大事な内容があるのです。

入居中にもし、何か壊してしまった、と思った時。保険のパンフレットに書いてある内容を確認しても良いかもしれませんね。

arrow_upward