株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年06月09日
ブログ

たまろく自然と都会のサバイバル。子供体験塾が開催

自然界を楽しむ方法や防災に関する様々な知識・技術を学ぶ体験をする「こども体験塾」が今年も開催されます。

今年の体験塾のテーマは サバイバル です。
大変なことを乗り越えて、生き残ること。という何ともすごいテーマです。

プログラムは夏季と秋季の2回に分けて開催されます。

〇夏季体験プログラム 【自然の中のサバイバル】
〇秋季体験プログラム 【都会のサバイバル】

対象としては、多摩六都地域 (小平市、東村山市、清瀬市、東久留米市、西東京市)に在住または在学の
小学1年生 から 中学3年生 までの子供さんです。



自然の中のサバイバルプログラム。夏季の体験

〇夏季体験プログラム 自然の中のサバイバル
  日程  7月29日(月)・30日(火)・8月7日(水)・8日(木)・9日(金)
       この内いずれか1日になります。
  場所  都立舎人公園
  時間  8:00 ~ 17:30
  集合・解散 多摩六都科学館
  定員  各回 60名程度
となっています。

野外の限られた環境で安全な場の確保や食べる為の技術などを学びながら仲間と力を合わせてサバイバルミッションをクリアしよう。
というものです。もちろん、専門家がついての体験になります。
日頃、経験できない自然の中でのサバイバル。
仲間と一緒に戦いぬくという体験は 本当に貴重なものになると思います。

プログラムが開催される 舎人公園は東京にありながら広々とした空間と自然の楽しめる公園になっています。
スポーツ施設の他、今回のようなプログラムに使用できるようなキャンプ場やバーベキューエリアもあります。
なかなか多摩地区の子供たちも普段行きそうに無いエリアなので、それも良い経験になりそうです。

都会の中のサバイバル。防災体験

〇秋季プログラム 
これは、自然の中のサバイバル でしたが今度は都会の中のサバイバルとしています。

 日程  9月15日(日)・16日(月) 
 時間  9:00 から 16:00
 集合解散 多摩六都科学館 
 定員  各回60名程度

東京で大きな地震が起きた時、どのようなことが起きるのか。
そしてどのように対応すればよいか、などを学ぶということになります。
実際には 防災体験施設 そなエリア東京
 で防災体験施設を見学します。
 
そなエリア東京 は江東区有明三丁目の東京都臨海広域防災公園内にある
防災体験学習施設です。
ここでは東京直下型地震が起きたと想定し、国や自治体の支援体制が整うまでのおおよそ72時間を自力で生き残る必要がある。
と言う事から、生き抜く為の知恵を学ぶ、という防災体験ツアーです。

こんな体験をすると、いざと言う時の力になりそうですね。
申込の締め切りは 6月30日必着
申し込み先は 
  〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64
        多摩六都科学館 【多摩北部広域子ども体験塾】係り
はがき、または多摩六都科学館のWebサイトからになります。

はがきの場合、参加希望日、氏名、性別、学校名、学年、住所、郵便番号を明記
〒188-0014 東京都西東京市芝久保町5-10-64

是非、お子さんにサバイバルへの挑戦をさせてあげてください。

arrow_upward