株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年08月02日
ブログ

ルームシェア。家賃が折半できるからお得?でも、なかなか物件が見つかりません

2DKや3DKの物件。よく「ルームシェアできますか?」との問い合わせがあります。

シェアハウスではなく、ルームシェアは一般の物件を借りて友人同士などの同居人と一緒に住むことです。

ご兄弟や親子など血縁関係の方で住むのは、通常同居と言ってあまり問題になることはありません。

更に最近は依然と違い結婚していないカップルでも特に問題になることはないようです。

ただ、ルームシェアというと、貸主さんなどに許可を求めると断られるケースはまだまだ多いのです。

ルームシェアがしたい。そんな方に人気のある間取り

実は、当社で扱っている賃貸物件でもルームシェアがOKというものは、あまりありません。

賃貸物件でワンルームなどは、基本がまず一人住まいであるので二人以上の方はダメな事がほとんどです。

できるだけ安い物件がいいので、ワンルームで友達同士で住みたい。

こんなケースは、ほぼ難しいです。

2DKなどの場合、水回りは共同で使用し、1部屋ずつ使いたいからと、振り分けタイプのお問合せが多いものです。

振り分けタイプというのは、二つの部屋に行くのにそれぞれDKなどから動線が分かれていけるタイプのものです。

更に、DKが比較的広く居室が同じような広さ(例えば6帖が2室)のタイプが人気です。

ルームシェアを希望する方は、一人で5万円のワンルームを借りるより10万円でグレードの良い2DK物件を借りたい。と思われる事が多いですね。

友人同士で便利なところにきれいな物件が安く借りられる!

とお部屋探しを始める事が多いのではないでしょうか。

 

ルームシェア が NGな理由?

素敵な物件を見つけてルームシェアしたい、と伝えます。ところが、まだまだ断られる事が多いようです。

単純に家賃が半分、或いは安くて良い物件に住める、という考えだけで探すと挫折するようです。

大家さんにとっての問題。

友達同士で騒ぐのではないか。

友達のたまり場になって近所に迷惑がかかる。

一緒に暮らすとなると、喧嘩になったりお互いの生活ペースが異なる事により問題が生じる。その結果、同居が解消する可能性が多い。

同居解消となった場合、一人で二人分の家賃を払えなくなる。

こういう問題が起こりがちであると、大家さんは心配になるのです。

実際、簡単に同居を始めて結局短い期間で同居解消になり、家賃滞納、或いは早期解約などの問題を目にします。

大家さんにとっては、結構迷惑な契約になるのです。

その為、できるだけトラブルを避けたい大家さんは断ります。

 

ルームシェアをなぜするのか。どうやって暮らすのか考えてから探しましょう

ルームシェア 可の物件が増えていると言われています。

でも、現実にはまだまだ難しいのです。

友人同士であっても、本当に部屋をシェアしようと思うときは、ちゃんと考えてから探しましょう。

二人で借りる場合、双方が契約者になったり両方とも連帯保証人が求められたりするケースもあります。また、一人でも家賃が払える状況であれば尚良いと思います。

また、他人が一緒に暮らすので、お互いにルールなどを決めておくなどが大事です。

毎日顔を合わせることは、思いのほかストレスになることも多いのです。

気軽に考えるのは結構難しいようですよ。

 

arrow_upward