株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年09月23日
ブログ

違反ではないのですが、この賃料は安すぎない?

インターネットで検索された物件をお問合せになったお客様。
1Rですが、マンションタイプでそこそこきれいなお部屋です。
それなのに、飛びぬけて賃料が安いのです。
木造の古いアパート(下手するとお風呂無)くらいの金額と言ってもいいほどです。
当然、お客様は気になります。
なぜ こんなに安いのですか。

事故物件ですか?いーえ、でも最初は安く見えるのですがーーー

事故物件か何かなのか。
駅からは多少遠目ですが、十分徒歩圏内です。
外観も悪くないし、バストイレ別ではないにしてもオートロック、室内洗濯機置き場、宅配ボックスなど、設備も充実。

お客様の疑問ももっともです。

事故物件であれば、告知事項あり、などの記載もあり管理会社に問い合わせすると事故の内容を知らせてもらえます。

もちろん、この物件は違います。

この物件の一見するとあまりにも安い家賃は、以前にもご紹介したことがあるので
こちらでは、その理由をわかっていました。

募集賃料が安く見えるには訳があるのです。広告だけでは読み切れない理由があります。

実は、この物件まず1年間の定期借家契約になります。
また、契約してから半年後には賃料が5000円ほど上がります。
更に定期借家契約で再契約する1年ごには更に 3000円上がる事になっているのです。

結局 1年後には8000円ほど賃料が上がる事になります。
また 契約時の敷金は 賃料の1ヶ月になっていたので、敷金も1年後には不足するので、賃料と併せて8000円の敷金を追加する必要があります。

これは、もちろんきちんと紹介する時に説明するので、だましている訳ではありません。
良く言えば初期費用が安くすむとも言えます。

当初の家賃を募集条件として提示しているのは、間違った記載ではありません。

でもこの募集条件だけをチェックしたお客様が飛びつきがちです。
実際にこの物件をインターネットに掲載している仲介会社も多いです。
そこには、この上昇する賃料についての説明や記載はありません。
大手ポータルサイトに掲載している仲介会社からすると、大変広告に良い物件です。

嘘ではないのです。でも、ちょっと考えてしまう広告です。

疑問に思われる場合は、きちんと不動産会社に内容を聞かれる事をおすすめしたいと思います。

arrow_upward