株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2019年09月24日
ブログ

家族の歴史と共に歩いてきた建物。時代は変わり人も変わっていきます。

築年数は40年経過しているマンションです。
新築時は、1棟全部がある大手企業の社宅として利用されていました。
当時は、世の中の経済状態も良く20年近く社宅として使用されていました。
それから段々企業が社宅などを持たなくなる時代になり、大家さんのところに返却されました。

そのマンションは、3DKのファミリータイプで社宅後も長期間入居されている方がほとんどでした。結婚し、子供が生まれ学校へ行き、やがてその子供が独立する。
そんな家族の歴史と共に歩いてきた建物でした。
そして、徐々に昔からの入居者も家族構成や時代も変わり、退去される方も増えてきました。

ところが、そんな中で長い間入居していたのですが、バブル破綻後仕事がうまくいかなくなり、家賃が滞りがちになる家族がいました。

10年近く、滞納を繰り返しては退去勧告を受ける。
すると、家賃を何か月分も支払う。
そんな事が続いていました。

結局、最後には退去して頂くことになったのです。



滞納が続き退去したお部屋。25年間入居していた為傷みもかなりのものでした。

退去した家族は、25年も住んでいたのです。
その間、もちろん家賃の支払いも悪く更新手続きもされませんでした。
25年も住み続けていれば、お部屋は傷んでいて当然です。

ところが、滞納をしたり、更新手続きをしなかったりしたせいか、修繕の要求がなかったのです。

その為退去後のお部屋を確認したところ、大分ひどい状態でした。

DKの床は抜けたりしていたらしく、自分で床を上に貼ったりしていました。
流しなどの壁は湿気もあったと思うので、
柱には シロアリに食われた跡も見られました。
(すでに白蟻はいなくなっていましたがーーー)

これは、リフォームでは済みません。
そこでこの機会にと
床も剥き、柱も変え、シロアリ駆除も実施することになりました。
大幅なリノベーションです。

スケルトン状態にし、間取り、設備全て新しくします。

もちろん、費用はかかりますが
新しいお部屋として生まれ変わる予定です。
現在、工事が始まっています。

また、工事状況などもお知らせしたいと思います。



arrow_upward