株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年02月28日
ブログ

引越しのピーク到来。どうやって乗り切ろうか

引越しのピークが近づいています。

国土交通省のデータによると

3月下旬から4月上旬がピークです。

特に混雑するのは、3月20日から4月5日まで。

その前後1週間は、混雑となっています。

そうすると、今から引越しの予約をしようとしても、一杯!

そんな時期になっています。

国で引越し時期の分散をお願いしています。

3月から4月は進学や企業の人事異動による転勤などで引越しの件数が多くなります。

ほかの月の2倍近い件数にもなります。

引越し難民が増えてしまう恐れがあるのです。

そこで、国土交通省では去年から、この時期の引越しを避けて分散するよう呼び掛けています。

引越し業者もドライバー不足などで大変な中。

業者も応じきれないのが実情です。

そこで、政府が呼び掛けているのです。

 

 

人事異動などの時期を分散すると、引っ越し費用の削減にも!

国は、まず人事異動の時期をずらして欲しい。

と経済団体を通じて企業にお願いしています。

新入社員など4月から入社する人だけでなく、人事異動の時期をずらせれば

大変助かる事が多いようです。

まず、企業にとっても引っ越し代が安くなる、というメリットがあります。

余り高い引っ越し費用は企業にとっても大変だけではなく

料金の一部を自腹で払わざるを得ない人も半数以上あったそうです。

時期をずらすことが可能なら、引っ越し費用の持ち出しもなくなり、引っ越し先もスムーズに探せるかもしれません。

公務員の移動時期の分散は大きな助けになるかもしれません。問題

実際、海上保安庁では、春の定期異動の時期を分散することにしたそうです。

多くの職員をかかえる公務員の移動時期がずれるだけで、おおきな費用の節減にもなります。

ただし、日本では4月は入学、卒業の時期でもあり、家族の学校の問題もあります。

それを考えると簡単に時期をずらせない場合もあるようです。

それでも、引っ越し先を探したり、引っ越し業者を手配したりと

春先の苦労が軽減するよう、

企業努力も問われていくようですね。

arrow_upward