株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年05月10日
ブログ

アパートにネズミが出現。まさか!でも現実です。

数年前から、ひばりヶ丘地区でネズミの被害が出ています。

ネズミは気づかないのですが、実は結構いるものなのです。
古い木造家屋や賃貸アパートなど
外から家の中に入り込んできます。

ある日、庭で姿を見かけてギョッとしたり
キッチンにある食べ物にかじられた跡があったり。

その時に初めて気づきます。 

都心から西へ向かって移動してきた?ネズミたち。

10年位前でしょうか。
この地域でネズミの被害が多発した時があります。

西武線沿いで都心から西の方へ向かって大量にネズミが移動している。
都心部で古いビルなどが壊され、行き場を失ったネズミが移動してきた。
そんな話を聞いた事があります。

その話の真偽は定かではありませんが
確かにその時期に急にネズミの被害が出てきました。

ネズミは、クマネズミという比較的大きなものでした。
古い木造家屋は、どこからでも侵入できます。
床下や、配管の隙間、排水管などなど。
少しの隙間でも入り込むことができるのです。

そして、何でも餌になってしまいます。
キッチンにある食品はもちろん
浴室の石鹸にいたるまで、食べてしまいます。

その駆除は結構大変なのです。

ネズミ駆除は簡単にはいきません。何度でも帰ってきます。

ネズミに悩まされている方は、思いのほか多いようで
ホームセンターなどにも 駆除用品が売られています。

独餌、ネズミ捕りのしかけ、など色々と出ているようです。

ですが、一時治まったとしても、また勝手に入ってきます。
当然です。

その間だけ逃げても、また外から戻ってくるからです。
繰り返しになってしまいます。

アパートやマンションなどの建物であれば
一部屋だけ駆除をしても、他の部屋に逃げているだけで
またカムバックしてくるのです。

駆除は一棟丸ごと。
これが基本です。


共同住宅の場合は1棟丸毎の駆除が有効

木造の建物、マンションであっても
床下の換気口や配管、エアコンのスリーブなどからいくらでもご来場になります。

どうするか。
外部からの侵入口を網などで塞ぎます。
それから、建物内部に餌やワナを仕掛けていきます。
更に、室内への侵入口も塞がなければなりません。

結構細かい場所まで塞ぐ必要があります。

出入口を無くして、閉じ込められて 薬や餌などで退治するのです。

この作業をした上で、数か月後に何度か、確認するという事をします。

これは、プロの駆除業者のやり方です。

実際プロにまかせるのが一番確実ではあります。

もちろん費用はかかります。
建物の大きさにもよりますが、15万から 数十万になる事もあります。

でも、衛生面からも駆除は必要です。

早めの対処も大事ですよ。


arrow_upward