株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2018年06月07日
ブログ

管理されていない分譲マンション ②


何十年も、管理する人もなく共用灯すら切れたまま。外壁はチョーク化し(カサカサの状態)雨が進入、鉄部はサビて腐食がひどくなった建物。

階段が落下しそうな危険に、遂に所有者お一人の努力で全員から費用を集めて階段工事をすることが、出来ました。そして、自治会の結成と管理費の徴収が始まりました。

階段については、何とかなりました。

ところが、雨漏り問題はそのまま。

3階のお部屋は雨のたびに、部屋のあちこちから雨漏りし、住民は冗談のようですが、本当に床にバケツやタライを置いていました。

それから、3年ほど経過した昨日。

新たな問題解決に向けて、2回目の自治会会合を開催しました!

数ヶ月前から、当社でお手紙を出し出席のお願いをし、回答の無い方にはお電話にてご都合とお伺いしました。その結果、何と欠席者は 1名のみ。

そして、3年間の状況説明、現状説明を行いました。

階段工事後、雨漏りはそのまま。 頑張られた所有者の方々


3年間の間に、全く手付かずであったひどい雨漏り。

防水・塗装工事の見積や費用について、何度も皆さんに提案し意見を求めてきました。

ですが、階段工事の際に多額の出費もあったので、全員から賛同を得られませんでした。でも、雨漏りがひどいお部屋の所有者は、賃貸にが退居したあとボロボロの部屋を直すことも出来ず、その結果貸す事も出来ず、塩漬けの部屋を持っているだけ。

そんな状態でした。何とかしてくれ、と何度も当社に来られました。

こんなひどい雨漏りは、部分的な補修ではすみません。防水も塗装も本来であれば一度に施工したいところです。当然足場を組んだり、全体を補修するには、階段の時と同じように多額の費用が必要です。

でも、皆さんから賛同を得られないので、そんな工事は行えません。

そこで、4階のルーフバルコニーが3階への雨漏りの大きな原因の一つである事が予想されます。

足場代も出せないので、なんとか梯子などを使って4階バルコニーへ昇りバルコニーと建物の水が浸入しそうな部分と簡単な防水を数十万円で行ってもらうことになりました。

雨漏りを止めたい。オーナーの強い気持ちで動きます


雨漏りのひどいお部屋の一つ。少々高齢になられたオーナーは、頑張って同じ階のオーナーとバルコニーにあるお部屋のオーナーに交渉し、3軒で分担する事になりました。

そして、工事を梅雨の前に施工しました。

雨の度に玄関も居間もぼたぼた落ちてくる雨に悩まされていたお部屋は、取りあえず大分収まりました。

ただ、もちろんその場しのぎではあるので、完全ではありません。

それでも、そのオーナーは喜んで借金して部屋を改修し賃貸に出したいと張り切っていました。

ただ、その野望は、これから先もまだ大変そうなお部屋を持つことになるので、奥様の強い反対の為、売却する事となりました。

そして、全ての状態を納得した上で、別の方が購入してくれました。

そこから、この建物に変化が起こります。

その変化は、次回

arrow_upward