株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年06月30日
ブログ

長いお付き合いの大家さん。高齢になりアパートの管理も出来なくなり

大家さんの自宅。
見てきて欲しいと、連絡がありました。

この大家さんは、高齢の為遠方の息子さんのところに引っ越されたのです。

アパートを所有されている大家さん。
大変長いお付き合いでした。
最初は、奥様の名義だったのです。
でも、奥様は早くに亡くなり、お子様たちがアパートを相続。

でも、実際はご主人がアパートを切り盛り?していたのです。。

その後、年月が経ち大家さん(?)も年を取ります。
お話したことも、すぐ忘れてしまう、なんて度々。
大家さんの口座へ振り込まれるお家賃も確認しない。
その結果滞納もわからない。
そんな状態が続きました。


跡を継ぐ方が、親より先だってしまった。つらい出来事です

そこで、ようやく実際の所有者である
ご長男が賃貸業務をやることになりました。
ようやく今後はスムーズに進む。
そう思っていました。

お父様も楽になるだろう、と思いました。

そんな矢先、そのご長男が亡くなってしまったのです。

まだまだ、お若いのに。
お父様のお気持ちを考えると、本当につらいものがありました。

大家さんも高齢の為自宅を離れました。アパートの事はそのままでーーー

高齢になったお父様は自宅でたった一人。

その為、他のご兄弟が
お父様を引き取られました。

でも、アパートの事は他のご兄弟は全くノータッチでした。
引き継ぎましたが、何もわからない状態。

結果そのアパートは当社が昔から関わっていたので
そのまま面倒を見ています。

大家さんも今まで当社に任せっぱなし、の状態だったので
入居者からは恐らく何の変化も無いでしょう。
アパートについては、なので相変わらずです。




無人となったご自宅。空家問題の一つかもしれません

でも、今までの大家さんの家は無人となりました。

そして、数年そのままとなっています。

これも、いわゆる空家問題の一つかもしれません。

ご両親が高齢になり、お子さんに引き取られる。
又は、施設等に入居される。

そんな状況で空家になっている家は
全国に増え続けています。

家の状態を確認して、と言われたので
状況は見ています。

取敢えず、建物に問題はないようです。

でも、これから家の片付けなどが必要になるでしょう。

なかなか、普段の生活に追われこのような問題は放置されがちです。
でも、そろそろ考える時期かと思っています。

arrow_upward