株式会社あすかハウジング
9:30~18:30
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年07月04日
ブログ

お問合せのNo.1?初期費用はいくらですか

最近 賃貸のお問合せを頂く際

大変多い質問の一つに
【初期費用】
というものがあります。

ポータルサイトなどについているお問合せチェック項目
に含まれている場合が多いです。
そのボタンをポチっと押せば、良いので
結構な確率で押す方がいるようです。

礼金・敷金ゼロゼロ物件。人気の条件です。

確かに、予算はあまりないけれど
お部屋を探したい。
そんな時に初期費用は聞きたいポイントですね。

検索の条件でも礼金敷金ゼロゼロ物件
と言うのは、大変アクセスの多いところです。

実際に賃貸を探しに来店される方の中には
ワンルーム、2DK問わず
10万円位で借りられませんか?

という方もいらっしゃいます。
絶対ないとは言えませんが
かなり難しい条件ではあります。

条件が厳しくなり物件が見つからない!どこか妥協点も考えなければ

本当に借りる為の資金が余り無い。
でも引っ越さなければならない。
そんな時は初期費用にこだわざるを得ません。

初期費用が安いこと。
初期費用の他にも希望条件をたくさん
チェックして検索すると
殆ど、探せなくなってしまいます。

もしかしたら、検索結果は ゼロ
そんな可能性もあります。

だから、どうしても引っ越さなければならない方は
初期費用以外の条件を少し ゆるめなければ
なりませんね。
地域を広げてみる、とか
バス・トイレも一緒でも良い。 駅からの距離も少し遠くても我慢する。
築年数もある程度、ゆずる

そんな妥協する覚悟が必要かもしれませんね。


礼敷 ゼロのはずなのに、費用が思ったよりかかるのはなぜ?

また、敷金礼金ゼロだから安いのでは
と思って問い合わせ。
そんな場合に注意する必要があります。
  
礼金・敷金はないのだけれど
そのほかに、様々な名目の費用がかかる
そんなケースもあります。
ありがちなのが
  室内消毒費用
  サポート費用
  ○○費用
  クリーニング費用
などです。

元々、通常でもかかる費用は礼金・敷金だけではありません。
   例えば  損害保険
        保証会社の費用(必須ではない場合もある)
        初回の賃料
        仲介手数料
などです。         
これらが、場合によっては フリーレント(初回賃料サービス)
や、連帯保証人がいれば保証会社不要
とか個々に異なることもあります。
ですが、このような費用はかかる、と思っておいた方が良いでしょう。

敷金ゼロ。その場合の貸主側の対策もあります。得かそうでないか検討する必要があります

敷金という物は
大家さんに対しての保証金のような意味合いがあります。

大家さんが家賃滞納や退去時の現状回復代など万一に備えるもの。
もし、何も必要なければお返しする という意味があります。

普通、敷金を預かりそこから退去時のクリーニング費用を
負担してもらう。
というケースが多いようです。

敷金も礼金も取らないと言うのは
大家さんにとって、何かあった時
リスクがある事になります。

家賃滞納などのリスクに対しては、保証会社を利用してもらう
などの対策を講じます。

原状回復などのリスクに対しては別途クリーニング費用を預かる
と言う対策を講じる形が増えています。

クリーニング費用については
契約時に支払う場合。
初期費用を安くする時は退去時の支払。
最初に払うか、後で払うかという違いですが
いずれにしても費用はかかります。

クリーニング費用という名目の場合
敷金と違い、余ったらお返しするという事はありません。

初期費用を安くしようと思ったのに
思いのほか、費用がかかる。
だったら、敷金1ヶ月だけでもかかったほうが
物件も探しやすい。
という事もあります。

そのあたりは、良く考えてみてください。





arrow_upward