株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年11月10日
ブログ

不動産会社が、黙っていても何とかしてくれる?それは、当たり前ではありません。

賃貸住宅は小さくても、色々と問題が起こります。

何十年もお付き合いしている大家さん。
いつも、何かがあっても不動産会社が
何とかしてくれている。
そのせいか、あまりそのことに気づいていない?
方もいるようです。

地元の不動産会社と大家さんのつながり。それも時代の変化で変わってきます

特に管理費などを支払っている訳ではない
大家さんと不動産会社の関係。

その不動産会社と特に管理契約や専任契約などをかわしてもいません。

何となく「いつもお願いしている」から。
そんな関係が、まだ残っている物件があります。

以前は、大家さんと不動産会社が言わば
「信頼関係」? のような形でつながっていました。

それは、全国チェーンの大手不動産仲介会社が
まだそれほど多くない時代でした。

地元に密着した不動産会社が駅前にいくつかあり
それぞれが、仲の良い?大家さんとつながっていました。

当然、時代は変わり大家さんの在り方も
不動産会社の形も変化していきます。

でも、その変化を理解していない大家さんや不動産会社も
少なくはなりましたが、残っています。

時代は変わり、大家さんも次代へ引き継ぐ時期。

当社も、昔からお付き合いしている大家さんがいらっしゃいます。

賃貸では、
更新契約・募集業務・退去後の募集や原状回復業務
入居中のトラブル
様々な問題がつきものです。

問題が起きて報告すると、大家さんは、いつも
 「おまかせします」の一言。
特に修理費用などに苦情を言う訳ではありません。
それでも、「まかされた」側としては
工事内容の確認、費用が掛かり過ぎないように
などいつも気を使ってきました。

ところが、大家さんも高齢になります。
そのご家族は、段々その大家さんの賃貸経営が心配になります。
そこで、今までの賃貸内容を確認しようという事になりました。

それは、決して悪い事ではありません。
逆に こちらのご説明を理解されたかな?
と心配することもあったので
ある意味 ホットしたものです。

不動産会社は、不要!自分で見ますというご家族

ところが、それまでの経緯を知らないご家族

不動産会社が勝手に色々決めている。
と誤解されたようです。

小さなアパートであっても、古くなれば
色々と設備故障や建物メンテナンスなども必要
その問題が起きても、まかせっきりにしていて
いつの間にか、解決していました。
でも、まかせっきりだからこそ、その内容について
高齢になった大家さんは、よくわかっていなかったようです。

そして、ある日突然
「今後は全て、こちらでやりますから!
    もう結構です」
と大家さんのご家族から告げられました。

もちろん、管理契約もなく当然管理費をもらっていません。
それでも、入居者のクレームがあれば
費用をもらうわけでもなく、対処してきたのです。
汚れていれば簡単に清掃したり
除草作業も行っていました。

そんな経緯を説明しても理解頂けないので
「わかりました」
と答え、今後は関わらない、という事になりました。

自主管理を始めて3年後。やはり、管理をして欲しいとの依頼がきました

それ以後も入居者からのクレームは相変わらず入ってきました。

その場合は、大家さんに直接連絡して欲しい
と答えざるを得ませんでした。

そんな日から、3年くらい経ったでしょうか。
大家さんのご家族から、またこちらに連絡がきました。

「やはり、管理を引き受けて欲しい。
 今度は、きちんと管理契約を結び管理費も支払いたい。」

と、言うのです。
もともと、大家さんに対して嫌な印象を持っている訳ではありません。
更に、当社に断りを入れてきた時と
同じご家族なのですが、その時の印象と違い
大変丁寧な口調だったのです。

何が起きたのかわかりません。
でも、自分でやってみて初めて
こちらがやってきたことを理解されたのかもしれません。


今更?でも新しい物件の管理として始めよう

こちらの気持ちとしては、正直少々わだかまりもありました。
「何をいまさら」という気持ちもあります。
でも、大家さんや入居者の事を考え
結局お引き受けする事にしました。

当社が関与しなくなった数年の間に
建物の周りは、雑草も繁り、大分汚れていました。

更新業務も行わないので
保管していた契約書の写なども、実は廃棄してしまいました。

なので、全く新しい物件の管理契約として始めよう
と気持ちを切り替えました。

関与しなかった期間に
ひどくなってしまった建物は
また、手を入れていく必要があるようです。





arrow_upward