株式会社あすかハウジング
9:30~18:00
毎週水曜日・第2、第4火曜日
2020年12月03日
ブログ

古くなって空室期間が長くなった賃貸物件。

古くなったアパートなどのリフォーム
費用の面から考えると、頭の痛い問題ではあります。

でも、空室期間や家賃の値下げなどから見て
ちょっと考える必要があるかもしれません。

空室期間が長くなると、お部屋も傷みます

築年数の新しい賃貸物件は
募集にそれほど苦労しない事が多いですね。

でも、築年数が経った物件は
そのままクリーニングをしただけでは、
なかなか決まらない事が多くなります。

空室期間が長くなると大家さんも気になります。
別に空いていても困らない。
と言われる大家さんもいます。

でも、所有している賃貸物件は
空いているより、埋まっているほうが
いいに決まっています。

例え金銭的には困らないとしても
空室期間が長くなると
お部屋は傷んだり、汚れたり虫が湧いたりなど
良い事はないようです。

空いているから「家賃を下げよう」それだけで良いでしょうか

空室期間が長くなってしまった時
また、長くなりそうに思える時
どんな対策をとりますか?

〇家賃を下げる
 この方法が簡単に思いつきます。

でも、この方法は大家さんによってですが
なかなか納得できない方もいます。

逆に家賃を下げれば、すぐにお部屋が埋まるのか。

明らかに、「安い!」と思うような家賃であれば、もちろん
決まる確率も高くなるでしょう。
ですが、少々家賃を下げたとしても簡単に決まる訳ではありません。

築年数がある程度経過している物件で
同じような条件の場合

同価格帯にたくさんの物件が集まりがちです。

そうすると、たくさんの物件に埋もれてしまい
なかなかネットなどの検索にかからないのです。

大家さんとしても、それほど家賃を下げたくはないでしょう。

そして、【家賃を下げたのに、決まらない!】
という結果になるかもしれません。




家賃が低いのだから、お部屋にはお金をかけない。そうすると悪循環になるかもしれません。

また、家賃が低いから
という理由で、ハウスクリーニング業者に
お部屋のクリーニングも依頼しない。
費用がかかるから、自分で清掃しよう。

なんて事にもなりがちです。

退去後のお部屋が比較的きれいで
大家さんのクリーニングも結構上手。
ある程度の直しなら 自分でできる。

そんな場合なら、まだ良いです。

でも、キッチンもトイレもお風呂も
きれいと言い難い。
そんな状態では、余計借りる人は少なくなります。

空室が埋まらない
だから費用をかけたくない。

家賃を下げるしかないのかも

こんな悪循環は、辛いものです。

家賃もあまり低いと、入居者に問題が出てくることもあります。
支払が悪い、問題を起こす
そんな入居者は困りますね。



たくさん費用をかけなくても、写真映えするアピールポイントを作るのも大事

費用を気にして、あまり手をかけない。
ある程度、家賃を下げる。

そして空室期間が長くなるのであれば
リフォーム等で
少し手をかけた方が、早く空室が埋まるかもしれません。

クリーニングもしたし、クロスも貼りかえた
リフォームだって、ちゃんとやっている。

もしかしたら、ちょっとした工夫が必要だったのかもしれません。

特に3点ユニットバスのワンルーム
築年数も、それなり。

そんな場合は、クロスの色や床の色
Wi-Fi設備

などちょっとしたアピールポイントがあると
目につくかもしれません。

それほど、費用をかけないのであれば
アクセントクロスや、床の色
など目につく場所に工夫するのは効果的です。
インターネットなどで写真映えするような物が
募集時に目につきやすくなります。

安いのだから、そんな費用をかけるともったいない。
そんな場合は、数か月の家賃分をかけても
直してみるのも良いと思います。
結局は、それほど家賃をさげなくて済んだり
早く入居してくれるかもしれませんよ。

arrow_upward